スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

低速回転の「スロージューサー」で父のジュース作り

絞りかすも取り除ける話題の製品で作ったジュースやスープの味は?

小学生のお嬢さんと嵐のコンサートに出かけるIT・家電ジャーナリストの安蔵靖志さんが、DUAL世帯に向けて、気になる最新家電を紹介する連載も第3回。今回は最近人気が高まっているという「スロージューサー」を取り上げます。

 数年前から、果物や野菜などを低速回転ですり潰す「スロージューサー」が人気となっています。高速回転する刃で破砕するジューサーやミキサーなどと比べて食品が酸化しにくいことと、絞りかすを取り除いて純粋なジュースだけを楽しめることが人気の要因のようです。

 DUAL世帯の読者の方々の中にも、興味を持たれている方は多いのではないでしょうか。駅構内などで販売されている生ジュースはおいしいけれど高いし、自宅でもっと手軽に作って飲みたいですよね。

低回転ですり潰してジュースを作る

 私は自宅でよく料理をしており、小学生の娘もたまに手伝ってくれて一緒に作ったりしています。普通の高速回転する刃で食材を調理するミキサーは持っており、ケーキ作りやドレッシング作りなどで使っています。

 すでにミキサーを持っている人は「ジュースはミキサーで作ればいいし、別の機器を置いたら邪魔になる」と思いますよね。私もその一人です。とはいえ、最近、従来のミキサーとは違うことをアピールした製品が出てきています。スロージューサーはここ数年話題ですし、それ以外にもテスコムが2013年6月に発売した「真空ジュースミキサー」や、スープを作れる「スープメーカー」なども気になるところです。

 数千円で買えるミキサーではなく、これらの高額な(だいたい2万~3万円前後)調理家電を買うメリットはあるのでしょうか?

 そこで今回は、まず「スロージューサー」を実際に使ってみて、その魅力やメリット・デメリットに迫っていきたいと思います。

シャープのスロージューサー第2弾モデル

 今回紹介するのは、シャープが2013年4月に発売した「ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CP10B」(実勢価格2万9800円)です。


シャープが2013年4月に発売した「ヘルシオ ジュースプレッソ EJ-CP10B」(実勢価格2万9800円)

 スクリューが毎分32回転の低速回転をしながら、ゆっくりと食材を押し潰す「低速圧縮絞り方式」を採用するもので、高速で食材をかき混ぜる「高速遠心分離方式」に比べてペクチンや葉酸、ポリフェノール、ビタミンCなどの残存量が多くなることが実証されているそうです。

 早速使ってみることにしましょう。

連載バックナンバー

安蔵靖志の「今どき共働きファミリー家電」

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード