スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

「今日学校どうだった?」 「楽しかった」はNG

子どもが伸びる家庭の会話 キーワードは 「文章」と「接続詞」

 こんにちは、家庭教師の西村則康です。今回は、「親子の会話の重要性」についてお話ししたいと思います。

親子の会話は“文章”で話す!

 コミュニケーションが下手な家庭の多くは、文章ではなく、単語で会話をしているのが特徴です
 「今日学校どうだった?」
「んー、別に」
 または、
「楽しかった」
と、必要最小限の言葉だけで会話をしていないでしょうか。

 親子の会話は、単語ではなく文章で話そうと意識することがとても大切なのです。たとえば子どもからは、
 「○○くんと○○くんと一緒にサッカーをして、すごく楽しかったよ」
と答えられるようになって欲しいのです。


写真はイメージ。本文の内容と関係ありません

 ここで気をつけたいのは、日頃の父親と母親の会話です。実は大人同士も、知らないあいだに単語だけで話していることが多いのです。
 「帰り何時?」
 「7時」
などという会話を朝、していらっしゃいませんか。
 さすがに「フロ」「メシ」「ネル」だけではないと思いますが、子どもは大人の行動をとてもよく見ていますから、注意が必要です。

次ページ 聞き上手でなければ学力は伸びない

連載バックナンバー

頭のいい子の育て方

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード