スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

森本千賀子 同僚から「お荷物」と思われないために

スケジュール周知、マニュアル化・ルール化、週1回の残業デー…、自分の振る舞い次第で周りの反応は変わるもの

育児中は働ける時間に制限がありますよね。子どもの発熱など、突発的なアクシデントによる遅刻や早退なども避けられません。同僚から「迷惑だと思われているのでは……」と気に掛かっている人も多いと思います。2人の息子さんのママであり、カリスマ転職エージェントとして知られる森本千賀子さんに、そんな不安の解決方法を聞きました。

日々の心掛けで、「お荷物」と思われないようにすることは可能

 一緒に働く人達にできるだけ負担を掛けないようにするために、そして、アクシデント時にも快くサポートしてもらえるようにするためには、普段職場でどんな振る舞い方、コミュニケーションを心掛ければいいのでしょうか。

 私が実践していたことで、特に効果があったと感じた対策をお話しします。

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

家族も仕事も「両方大事」でいいじゃない

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「仕事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード