スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

肩書はずっと「専業主夫」 起業家妻との11年

僕が家に入った理由(上) 楽しみだった職場復帰、配属先もほぼ確定していたけれど…

 「子どもが生まれて11年。以来、私の肩書はずっと“主夫”です――」

 橋本雄一さん(42歳)、みどりさん(46歳)夫妻(いずれも仮名)は、結婚して13年。小学6年生になる一人息子がいる。

 子どもが産まれてから11年間、夫の雄一さんは定職に就いていない。つまり、今の肩書は「主夫」だ。

 妻は、美容関連企業ほか数社を運営する敏腕経営者。『子どもの頃から起業家になるのが夢だった』という生粋の仕事大好き人間で、臨月になってもバリバリ働き、会社を回していた。「僕が家庭に入り、子育てに専念するのが一番いいと自然に思えたので、30歳の時に8年間働いた会社を辞めました。迷いは一切、なかったですね」――

 妻と出会ったのは、新卒で入社したアパレルメーカー。配属された経営企画部の、4つ上の先輩だった。

 「妻は全社の人事制度の構築を任されていました。一方の僕の役割は、店舗ごとの予算管理。入社してすぐに全国の店舗を回るようになり、徐々に店舗運営の知見が増えてきたので、妻に店舗スタッフの人事管理方法などについて意見を求められることが増えたんです」

忙しくなればなるほど輝いていく

 妻のことは、配属直後から気になっていた。姉御肌で、ムードメーカー。仕事が大好きで昼夜関係なく働き、新しいアイディアをどんどん出しては周りを巻き込んでいく。「どんな業務も、彼女に任せれば大丈夫」と、社内の誰もが彼女に一目置いていた。

 「当時の彼女は、いつもドタバタと走り回っている印象。たくさんの業務を抱え、常に忙しそうでしたが、疲れた表情一つ見せず、逆に忙しくなればなるほど輝いていく。そんな彼女がまぶしかったですね」

 彼女のリーダーシップは、プライベートでもいかんなく発揮されていたという。忙しい合間を縫って、同じ部署の若手メンバーを引き連れて、スキーに行ったりテニスやBBQを楽しんだり。もちろん雄一さんも、メンバーに引き込まれた。

 「あれだけ完璧に仕事ができるのに、プライベートだとおっちょこちょいでドジな一面があるんです。忘れ物をしたり、失敗したり、トンチンカンなことを言ったり。オンオフのギャップに、ますます惹かれてしまいました。でも、妻は一向に僕の気持ちに気づかなかったようなのですが(苦笑)」

 入社して1年ほどが経った頃、雄一さんは意を決した。泊りがけの出張に出かける妻を会社の1階で待ち伏せて、「よかったら今夜、これで電話をくれませんか?」と、テレホンカードと電話番号を記したメモを渡したのだ。

次ページ 「ごく自然な流れ」で育休を取得

連載バックナンバー

イクメンと呼ばれて

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「パパ」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード