スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

誰よりもイクメン、だけど職場で置いてけぼりに

何度も飲みを断るうち、誘われなくなる… そして疎外感だけがさらに膨らむ

     「仕事と子育ての両立」―これまではもっぱら女性たちが悩んできたテーマが、今、男性の眼前に迫っている。親も上司も先輩も経験してこなかった境遇。まだ「男は仕事をしてナンボ」の組織の中で働きにくさや孤独感を感じつつ、会社では悩む姿をおくびにも出さず、重圧にも笑顔で耐えている…。働きながら子育てをする男性たちの日常、そして滅多にもらさない彼らの汗と涙と笑顔の本音を、書籍『男たちのワークライフバランス』からお届けします。

     大手の重工業企業に勤める松島さん(仮名・30歳)は、妻と、家事や育児を完全に等分している。これは、本人の好むと好まざるとに関わらず、そうせざるを得ない状況なのである。

     妻が航空会社のキャビンアテンダントをしており、フライトのために家を空けることが多いからだ。妻の担当は国内線で、泊まりの勤務も多く、勤務スケジュールも不規則だ。

     「月の半分は、僕が娘の送り迎えからご飯の用意、入浴、寝かしつけまですべてやります。まるで自分が“奥さん”みたいですよ。ほかの旦那さんより頑張っていると思いますよ」と、松島さんは言う。

     妻は土日に勤務が入ることもあるので、保育園のない週末は食事の支度はもちろん、娘と一緒に遊んだり、洗濯、掃除、日用品の買い物などもすべてひとりでこなしている。

    「妻が職場に復帰してから3カ月が経ちます。この間、自分の自由な時間がまったくなくなってしまって……」と、遠い目をしながらつぶやく。

     妻が育休を取っていた間は、家事や育児にはノータッチだった。“育休明け〟から家のことが突然自分の問題になり、やや戸惑っているというのが今の心境だ。


    (写真はイメージ、記事内容とは関係ありません)

    仕事中に、晩ご飯の献立を考える

     料理もほとんどしたことがなかったので、レシピ本を見ながら悪戦苦闘を重ねてきた。数ヵ月経った今でこそレパートリーも少しずつ増えてきたが、仕事中も「今日の晩ご飯はなにをつくろうかな?」「料理教室に通おうかな?」などと、ぼんやり考えてしまうのだ。

     かたや、妻は仕事に復帰してからというもの、何だか楽しそうだ。子どもベッタリの生活から離れて、まるで水を得た魚のように元気がいい。彼女が元気で明るくいてくれるなら「この生活もいいかな」と、思えてくる。

     それなら、いっそのこと「早くこの生活に慣れてエンジョイしちゃおう!」とさえ、思っているのだ。

    次ページ “飲みニケーション”ができず、職場で...

    連載バックナンバー

    イクメンと呼ばれて

    CLOSE UP PR

    DUAL Selection-PR-

    「パパ」ランキング

    ピックアップ

    -PR-

    注目キーワード