スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

年収2200万円でも、繰り上げ返済で破綻リスク

住宅ローンを全力で繰り上げ返済しているが、高収入でも危ないワケ

 奥さまの収入の高さはリスクの裏返し……今回のアドバイスで一番ポイントとなる部分だ。

そういう状況なので、できるだけ早くローンは減らしておきたいんです。今は外貨貯金と株を売って、500万円ほど繰り上げ返済にあてようと思っています。今回は3つ残ったローンのうち、どれから返済するのが一番良いのかを聞きたくて応募しました

繰り上げ返済のし過ぎはリスクを高める

「ああ、そうだったんですか……。実を言うと、繰り上げ返済はしばらく止めましょうとアドバイスするつもりでした

「繰り上げ返済は駄目ですか?」

駄目ではないんですが、明らかにやり過ぎです。例えば今お住まいの家のローン残高は880万円ですが、もし繰り上げ返済をまったくやっていなくて、ローン残高は2880万円だけどその分貯金が今より2000万円多い……という状況だったらどうですか? 手元資金が多くて安心だと思いませんか?」

「う〜ん、どうなんでしょう? それだとPL(損益計算書)的に利息の支払いがもったいないと思うんですが……」

「ポイントはまさにそこなんですね。繰り上げ返済をすれば利息負担は少なくなります。それは間違いありません。ただそのぶん手元の貯金は減りますよね。これは損得と資金繰りは両立しない、ということです。資金繰りというのは手元の資金が豊富にあって支払いに困らない状態です。今、安野さんのお宅で損得と資金繰りのどちらを優先すべきかというと、これは確実に資金繰りです

「どうしてでしょう?」

「先ほど伺いましたが、奥さまの失職と入居者の退去が同時に発生した場合、今の貯金では数年で底が尽きて生活費の支払いが滞りかねません。なので、今は繰り上げ返済をせずに失業などのリスクを吸収できるだけの貯金を確保すべき時期です。結果的に利息負担は増えますが、それはリスクを避けるためのコストだと思って下さい」

次ページ 借金を減らすよりも手元資金を確保すべ...

連載バックナンバー

世間まるごとHow much?

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「お金」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード