スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

子どもの塾通いで親の時間がなくなりました

不合格は本人より親がショック。でも縁のある学校に受かるのかなとも

子どもを塾に通わせる──そのきっかけ、理由は家庭によってさまざまです。この連載ではフツウのママ&パパに塾に通わせようと思った理由、塾に通わせてみて初めて分かったこと、驚いたことなど、等身大の体験談を紹介します。今回は、同級生2人で同じ塾に通い、この春、中学受験を終えた子どもを持つ母親お二人に話をうかがいます。

■お話を聞いた人
渡辺尚子さん(47歳)(仮名) 娘さんはこの春、私立の中高一貫校(第一志望)に合格。塾に通った期間は小3~小6(正確には、小学3年生12月から)。
高橋美佳さん(44歳)(仮名) 娘さんは私立の中高一貫校(第三志望)に合格。弟(8)も姉(12)と同じ塾に通っている。塾に通った期間は小3~小6。

子どもが自分から受験したいと言い出した

──塾に通わせたきっかけは何でしたか。

渡辺さん 娘が受験したいと言い出したのがきっかけです。すでに塾に入っていた高橋さんの娘さんとは学校から帰ってくるときの方向が同じなんですが、帰り道で塾の話や地元の公立中学について、女の子同士で色々話をしていたみたいです。私はもともと子どもに受験させたかったので、願ったりでした。

高橋さん うちは、渡辺さんより半年ほど早く塾を始めました。うちの場合は、私が受験させようと思って入れました。子どもには受験のことは言わず、まず塾に入ろうという形で。子どもの反応は「えー塾~?!」という感じでしたが、お隣のお姉さんも行っていたのでそれほど抵抗はなかったみたいです。実際に見学に行ってみると、他の学校の友達もできたり先生も優しかったりで、すんなり通い始めました。

──お二人とも、受験ありきで塾に通わせ始めたのですね。

次ページ 親としては私立の中高一貫校でじっくり...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

平凡なわが家もついに塾へ・・・

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード