スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

このレギンスの丈は「太く」見えてしまいます!

ワーママ足元改善委員会(1) パンツ&レギンス 脚を細く見せるには、ボトムスの太さと丈がポイント!

 まず、パンツスタイル。くるぶしがすっぽり隠れる10分丈だと、ちょっとやぼったい印象になりますね。足先まですべて隠れて、パンツのだぼっとしたラインで「くるぶし上4センチ」のきゃしゃ見えパーツが全く見えないので、フェミニン度はほとんどなし。隙がない印象になります。


ダボっとして見える上に女性らしさゼロ

 これを、「くるぶし上4センチ」が見える丈のクロップドパンツにチェンジ!


くるぶし上4センチが見えただけで足全体も細く見える

 スッキリ! 脚が細く、そして、女性らしい印象にガラリと変わりましたよね? パンツの裾の幅と、脚のラインの間に差ができるので、より脚の細さが強調されるという視覚効果があり、きゃしゃ見えパーツを際立たせてくれます。

持っていて重宝するクロップドパンツはネイビー

 

 クロップドパンツというのは、7分丈や8分丈などのフルレングスが欠けた(クロップした)パンツで、今の時期に豊富に店頭に並んでいますので、ぜひ1本は持っていたいお薦めアイテムです。色で迷ったらぜひネイビーを。上品かつ引き締まって見えて、黒よりも合わせやすいトップスの色の範囲が広いので活躍すること間違いなしです♪

 靴は5センチくらいのヒールと合わせるとバランスがよいですよ。

 

 「足首を見せるのはイヤ」という方は、せめて脚のラインにフィットした細めパンツで、脚全体の縦長ラインを強調するというワザもあります。写真の例で履いているのは、ストレッチが効いて動きやすい点でも優秀なユニクロのレギンスパンツです。


脚の縦長ラインを強調するレギンスパンツ

 オフィスのフォーマルコード(カジュアルな雰囲気がどこまで許されるか)にもよりますが、「うちの会社は大丈夫!」という方は取り入れてみてもいいと思います。

 次は、レギンスにいってみましょう。

連載バックナンバー

ワーママの即効★おしゃれ術

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「趣味」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード