スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

瞬時に見抜いて効率アップ! 〇△×学習法

どの問題を解き、どれに手を着けないか。問題を取捨選択して効率よく勉強、実力アップするには

みなさんこんにちは。家庭教師の西村則康です。今回はお子さんたちの学習の効率を飛躍的に上げる学習法についてお話しします。題して、「瞬時に見抜いて効率アップ! ○△×学習法」です。

 進学塾に通っている子どもが家で勉強する時に、やるべき問題をどのように選んでいるでしょうか。

 問題の取捨選択をしやすくするためには、塾の授業中に、問題に○△×をつけられるようになると効果的です。

 ○……授業中、簡単に解けたもの。今後、テストで同じ問題が出た時に、確実に解けると思う問題。

 △……だいたいわかったけれど、少し自信がない問題や、苦労しながらなんとか解けたもの。今後、同じ問題が出た時に、確実に解ける自信がない問題。

 ×……授業中に解けず、先生の説明を聞いてもよくわからなかった問題。

 といった具合です。

 家で勉強する時に最優先してほしいのが、もうちょっとがんばれば何とかなりそう、という△の問題です。

 軽く解けてしまった○の問題は、テストでも答えられるのが確実なのでやる必要はありません。

 また、授業中に先生の説明を聞いてもらわからなかった×の問題をやっても、時間もムダになります。

 難問を教えるプロである塾の先生が説明をし、それでもわからなかった問題です。それを、家に持ち帰って解けるようになることはまずありません。

 それに、勉強というのは、その時わからなければ永遠にその問題が解けないわけではありません。たとえ今は無理でも、いつか再びその問題にぶつかった時に解けるようになっていることもあるのです。

 こうやって問題を取捨選択して効率を上げていけば、勉強量を減らしながらも成績を大幅に上げることも可能になります。

「とにかく大量の宿題や勉強を家でやらなければ」と子どもが焦らなくなるので、ミスも減るのです。

 さらには、精神面に与える効果も見逃せません、

次ページ 習慣づけてしまった暗記学習から脱する...

連載バックナンバー

頭のいい子の育て方

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード