スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

家族で出かけた沖縄で実感した子育ての名言

「子供に教育されることもまた親の義務かもしれない」(寺田寅彦)

 1児の父であり、妻は会社員という名言ハンターの大山くまおさんが紹介する「子育ての名言」。今回は家族旅行で出かけた沖縄で、娘と二人で温泉に行ったとき、思い浮かべた名言です。

インドア派の父も、子どもと一緒だとアウトドアが楽しい

 先日、家族で沖縄旅行に行ってきました。取材などとは関係のない、日頃の激務の疲れを(主に妻が)癒やすための完全なバカンスです。

 泊まったのはビーチ付きのリゾートホテル。2歳の娘は、海やプールでのレジャーに泣いたり笑ったりしながら大いに楽しんでいたようです。僕も、ここが父親の腕の見せどころとばかりにテンションを上げて大いに遊びました。

 いやぁ、楽しい。40歳を過ぎ、海水浴やプール遊びなどからとても縁遠い生活を送っている完全インドア派の僕ですが、率先してキャッキャと遊んでいます。

子供は最高のエンターテインメントだ。

細川 徹

『親バカ本』五月女ケイ子×細川徹(マガジンハウス)

 映画監督、脚本家、演出家などとして幅広くエンターテインメントに関わる細川徹の言葉です。

 この言葉、すごくよくわかります。海やプールも楽しいのですが、何より子どもそのものが楽しいのです。ちょっとした表情、出てくる言葉、リアクション、それを見ているだけで楽しい。こんなことができるようになったんだ! と成長を見るのも、たまらなく楽しい。

 「毎日その成長を見るだけで、何もやっていない自分が何かをやっているような楽しさがある」と細川さん。「笑えるし、泣けるし、ドキドキするし」。全く同感です。

 これは海やプールだけでなく、日常生活でも同じことのはず。でも、最近は子どもと一緒に家にいても、ついついスマホを見てしまいがちです。わが身を振り返り、沖縄のビーチでちょっと反省しました。

次ページ 子どもの気持ちを一度受け止める

連載バックナンバー

大山くまおの子育ての名言

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「パパ」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード