スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

親子で号泣必至 各界も注目する『ドラえもん』

「STAND BY ME ドラえもん」 いつもの劇場映画とはココが違う! 3DCG映像の新しい体験

 毎年、春になると公開される『ドラえもん』の映画。観に連れて行って、と子どもにせがまれるのも恒例で、親も結構楽しみにしていたりしませんか?

 TVアニメは長寿作品として、常に放送されているのが当たり前と思うくらい、『ドラえもん』は“いつでもそこにある存在”。

 私自身、子どもの頃は「ドラえもんのことなら何でも聞いて!」と、“ドラえもん博士”だと自負するほどの大ファンで、コミックスを集めたり、TVアニメを欠かさず見たり、研究に余念がありませんでした(笑)。

 今夏、アメリカでも『ドラえもん』の放送が始まるなど、その人気は衰えを知りません。そして、3D映画の全盛期である昨今、ついに『ドラえもん』が3DCG作品として誕生しました!


「STAND BY ME ドラえもん」 2014年8月8日、全国東宝系ロードショー (C) 2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会 原作:藤子・F・不二雄 監督:八木竜一・山崎 貴 脚本:山崎 貴 キャスト:ドラえもん/水田わさび、のび太/大原めぐみ、しずか/かかず ゆみ、ジャイアン/木村 昴、スネ夫/関 智一 配給:東宝 公式サイト:http://www.doraemon-3d.com

 ある日、何をやってもさえない少年のび太の前に、22世紀から来たのび太の孫の孫セワシと、ネコ型ロボット・ドラえもんが現れます。のび太の悲惨な未来を変えるため、お世話係として連れて来られたドラえもんでしたが、実は全く乗り気じゃなく、未来に帰りたがるドラえもん。

 そこでセワシは、ドラえもんに<成し遂げプログラム>をセットして、のび太を幸せにしない限り、22世紀に帰れないようにしてしまいます。果たして、のび太は幸せになり、ドラえもんは22世紀に戻れるのでしょうか……。

連載バックナンバー

今週の発散映画&DVDはこれで決まり!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「趣味」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード