スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

八塩圭子 幼稚園受験が他人事ではないと悟った日

子育て・教育

八塩圭子 幼稚園受験が他人事ではないと悟った日

共働き夫婦だからこそ、お受験を考える必要があったとは……。息子のおかげでまた一つ、新しい世界の入り口に

 「まだ満足に言葉もしゃべれないのに、幼稚園受験なんて、おかしいんじゃないの?」という態度のだんなさま(前回記事「金子達仁 草食の父親が息子の教育で譲れない一線」を参照)に、まずは一言。

 幼稚園を、なめたらアカン!

 かく言う私も、ついこの間まではそうだった。保育園と違って、幼稚園はそんな入るのは大変じゃないでしょ。近場でよさそうなところ、見つかるでしょ……などとお気楽な気持ちでいた。

 ところがどっこい。一つ上の子どもを持つママ友たちが、「準備するのが遅すぎた」と青くなって焦っているのを見るにつけ、そんな甘いもんじゃないらしいことが、最近徐々に分かってきた。

どんな幼稚園に行くかでその先が違ってくる

 例えば、自由な雰囲気のあの小学校に入れたいなという程度の希望があったとする。その学校は人気が高く、受験を突破するのは大変。幼稚園のほうが倍率は低いので、入っておいたほうがいい、とか。幼稚園の過程で、やっぱり小学校受験しようかなと思ったとしたら、幼稚園とは別に塾に通わないとならない。その送り迎えも大変なので、お受験対策をしてくれる幼稚園に入っておけばよかったと後悔することになる、とか。

 とにかく幼稚園の選択が後々まで響いてくるという話をほうぼうから聞いてしまった。

 そっそんなもんなのか? と現実に直面しつつあった矢先に、前回の夫編に書いたように、子どもが通っているプレスクール型保育園の方から、幼稚園受験の希望を聞かれた。速攻お断りの言葉を口にした夫の前言を撤回しつつ、「幼稚園受験事情と息子の適性などについて教えてください」とお願いし、担当の先生にお時間をとってもらうことになった。

次ページ 共働きであるという理由で、幼稚園の選...

連載バックナンバー

トラの子、育ててます。

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード