スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

中学受験 うちの子、やる気がないのでしょうか?

暗記を強いるのではなく、新しい知識を学んだときの「納得」を重視。「ああ、なるほど」をすべての教科で実感させる

子どもにとって「読む」は「眺める」ことと同義

西村 確かに、家族間のお喋りはものすごく重要なことですね。

 この子はだいぶ頭のいい子です。そのだいぶ頭のいい子が文章をどう読んでいるかに興味があります。というのは逆に言うと、算数の問題をあまり読んでいないのかもしれない。

 5年生のこの時期、算数の問題文は長くて3行です。これが6年生になるともっと長くなる。そうなったときにこの子は、算数が分かっているのに点数が取れない子になってしまう恐れがあります。

 どういうことかというと、子どもにとって「読む」ということは、「眺める」とほとんど同じなんです。ぱっと文章を見て、数字を見て「過去に習ったこの問題と同じ」と決めつけて解いてしまう子が非常に多い。たぶん、この子も一部そうしているんじゃないかな、と考えられます。

 特に小さいころからいろんな学習をしてきた子、幼児の英才教育をしてきた子はそうなりがちです。フラッシュカードなどの学習の結果、速読的に、ぱっと問題を見て判断してしまう。そんな傾向のある子どもに「もっとちゃんと読みなさい」と言っても、「ちゃんと読んでいるもん」と言われておしまいになってしまう。

 こんなときにぜひ使ってもらいたい質問の仕方があります。

 例えば、問題文を読ませた後に「何が分かっているの?」と笑顔で尋ねる。次に「何を聞かれているの?」と、数学の仮定と結論を優しい言葉と優しい表情で聞くのです。

 これを重ねることで、問題文を隅から隅まで読める子になっていきます。もともと考えることの好きな子なら、正確性、確実性も上がっていくでしょう。

 私はAさんのお子さんに高い可能性を感じます。

小川 Aさんについては、親として頑張ろうとするから泥沼にはまっていると感じます。子どもの学習で、うまくいっているところを伸ばすという姿勢に変えればいいのです。得意なところを生かして、理科や社会科を伸ばすのです。

 テストが返ってきたら、まず○が付いているところを一緒に喜ぶ。「昨日やったここはできたね。あと、こことここが○に変わったら上のクラスに戻れるよね」と、×を少しずつ○に変えていきましょう。

* 次回に続きます。

(ライター/阿部祐子、撮影/鈴木愛子)

西村則康/小川大介

西村則康/小川大介

●西村則康 1954年生まれ。家庭教師集団名門指導会代表、中学受験情報局「かしこい塾の使い方」主任相談員。35年以上、難関中学・高校受験指導を一筋に行う家庭教師のプロフェッショナル。男女御三家、慶應、早稲田、海城、世田谷学園、渋谷教育学園幕張、灘、洛南高附属、東大寺学園、神戸女学院など東西の難関校に合格させた生徒は2500人以上に上る。受験学習を、暗記や単なる作業だけのものにせず、「なぜ」「だからどうなる」という思考の本質に最短で切り込んでいく授業は親からの信頼も厚い。 『中学受験偏差値20アップを目指す逆転合格術』(青春出版社)『中学受験やってはいけない小3までの親の習慣』(青春出版社)『つまずきをなくす 小6 算数 文章題』他「つまずきをなくす」シリーズ全16冊(実務教育出版)など著書多数。

●小川大介 1973年生まれ。中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1代表。中学受験情報局「かしこい塾の使い方」主任相談員。京都大学法学部在学中から大学受験予備校、大手進学塾で看板講師として活躍した後、個別指導教室SS-1を設立。教科指導スキルに、声かけメソッド、逆算思考、習慣化指導を組み合わせ、短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。受験学習はもとより、幼児低学年からの能力育成や親子関係の築き方指導に定評がある。『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』(すばる舎)『もう悩まない中学受験』(海拓舎出版)など著書多数。

連載バックナンバー

西村則康×小川大介の 受験生ママ&パパ駆け込み寺

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード