スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

中学受験 国語の成績がジェットコースター状態です

ニコニコしながら話を聞いて、ポイントを丁寧にフィードバックしてあげる先生がいれば、成績は劇的に上がる

35年以上にわたって中学・高校受験の指導を行い、灘・開成・麻布・桜蔭・女子学院などの有名校に2500人以上を合格させてきた「かしこい塾の使い方」主任相談員の西村則康先生。今回紹介するセミナーでは、「かしこい塾の使い方」主任相談員の小川大介先生と共に、参加した保護者からの質問に具体的にアドバイスを行いました。参加者から事前に寄せられた質問に対する回答の様子を6回に分けてお送りします。「中学受験 転塾して宿題の多さに驚いています」に続く、第4回。テーマは「子どもを育てる“枕詞”」です。

やりたいことにどっぷり漬からせたほうがいい子もいる

【Dさん(小学4年生の母親)】

 うちの子は算数が苦手で、問題を解く気が全くないようです。四谷大塚の通信講座、算数は家庭教師にもお世話になっていますが、演習問題を嫌がり、知識が定着しないまま忘れる……を繰り返しています。ちょっと考えて分からないと、すぐに大人に解き方を聞こうとします。

 もともとのんびり屋で、通信講座のペースに合わせる気もないようです。西村先生の著書を読ませていただいていますが、もっと集中力を持って勉強できるよう親としてどうしたらいいか、アドバイスをお願いします。


西村則康先生(左)、小川大介先生(右)

西村先生(以下、敬称略) 子どもの学習は「体験知識」「基礎学力」「応用」の3つに分けて考えられます。Dさんのお子さんは「応用」学習をやっていく能力はありそうですが、もしかしたら「基礎」訓練が足りないのかもしれません。基礎が足りないので、たくさんのことができずに困っていらっしゃるのではないでしょうか。

小川先生(以下、敬称略) この子は競争することには興味がないのかもしれません。一方、自分が心底好きなことには1時間でも2時間でも没頭できるのではないか。僕はそう見立てます。細切れで5~10分の作業をテキパキやるタイプではないのでしょう。

 こうしたお子さんには、大人が用意したタイムテーブルに無理やり従わせるようなことを考えてはいけません。少々時間をオーバーしてもいいから、やりたい勉強をどっぷりやらせてあげたほうがいい。

 学習はやっぱり通信向きなのかもしれません。ただし、自分の体験を共有してくれる存在が必要です。例えば、通信講座のプリントをコピーしてお母さんが一緒にやってみてはどうでしょう? お母さんはネットで調べて参考書を作るつもりでも構いません。「お母さんと一緒に頑張った」というスタイルを試してみるとはまる気がします。

 のんびり屋さんの子は、自分に合った勉強スタイルを見つけると、自発的に何時間でも続けることができます。まず、お子さんに合う教材や勉強法を見つけてあげましょう。

※ 大好評の日経DUAL書籍『中学受験 基本のキ!』の[新版]が出版されました!

昨年発売し、ご好評につき3刷りした書籍『中学受験 基本のキ!』(日経BP社)の[新版]が2016年10月18日に発売となりました。本書では「中学受験に興味はあるけれど、まだ何も分からない」という小学1年生から、受験直前の6年生までのお子さんと親御さん向けの情報が満載です。中身も共著者により、最新情報に更新され、併願パターンは74校の学校が登場する充実ぶりです! Amazon「中学受験案内」カテゴリ1位の本書を、ぜひお役立てください。

「受験初心者から本番直前の6年生まで」 DUALの本
『中学受験 基本のキ! [新版]』 発売!
著者/西村則康・小川大介
価格/1620円(税込み)

【第1章】 わが子に中学受験をさせるか否か?
【第2章】 中学受験のパートナー 塾との付き合い方
【第3章】 受験生 普段の勉強と、長期休みの戦略的な活用方法
【第4章】 男女御三家と早慶付属校の最新問題傾向
【巻末付録】 必見!プロがすすめる併願パターン 74校が登場

●日経BP書店で購入する

●Amazonで購入する

※ 好評につき、来年2月セミナー開催!
  『中学受験 基本のキ![新版]』共著者の話を直接聴ける
  【PDCAサイクルを自分で回せる子どもに】
  自己管理できる中学受験生の育て方

日経DUAL連載「共働き中学受験 基本のキ」「西村則康×小川大介の 受験生ママ&パパ駆け込み寺」でおなじみの経験豊富な2人の先生が、2020年の教育改革に向け中学受験がどう変わるのかという大きな流れから、シーンやタイプ別の中学受験に向けた親と子の関わり方指南まで、ズバリ解説します。


西村則康先生(右)と小川大介先生(左)が、中学受験の基本から応用編までを伝授します!

日時/2017年2月18日(土)
●10:00~12:00 【新小1~小4対象】
~低学年から差がつく!
 自信あふれる受験生に育てるために~
●13:30~15:30 【新小4~小6対象】
~2017年最新受験情報も!
 自分で合格していける受験生を育てるために~

定員/各100名(申込先着順、定員になり次第締め切らせていただきます)
受講料/各10,800円(税込)
会場/富士ソフトアキバプラザ(東京・秋葉原) http://www.fsi.co.jp/akibaplaza/map.html
JR秋葉原駅徒歩2分
講師/西村則康先生(家庭教師 名門指導会 代表)&小川大介先生(中学受験専門個別指導教室SS-1 代表)

「【PDCAサイクルを自分で回せる子どもに】自己管理できる中学受験生の育て方」は、こちらからお申し込みください。

↓↓↓

http://nkbp.jp/2g6eKKL

※お申し込みにあたり、以下の「親子が協力して成功するための役割を明確にする11の質問」にお答えいただきます。必須の記入項目とはしておりませんが、できる限りご回答ください。

次ページ 子どもの考えを笑顔で聞き続け、ポイン...

連載バックナンバー

西村則康×小川大介の 受験生ママ&パパ駆け込み寺

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード