スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

金子達仁 保育園で会う父親同士が話をしない理由

イクメンの称号を自分だけのものにしておきたい。そんな本音がチラリとのぞく瞬間

“てぃ”か、“ち”か……、それが問題だ

 「なんで“てぃ”じゃなくて“ち”なの?」

 聞かれて思わず答えに詰まった。考えたこともなかったからである。た、ち、つ、て、と。それがた行。日本語の決まり。なのに、マンガの原本読みたさに日本語を習得しようと燃えていた近所の高校生アロンソ君(たしか、そんな名前だった)は言うのだ。

 「“た”がTAなんだから、当然“ち”はTIじゃなきゃおかしいでしょ? それがどうしてCHIなの? Tに母音がつく行のはずなのに、Cになっちゃってるじゃない! なんでこんなにイレギュラーなの?」

 “porque……es japones”──だって、それが日本語だから。そう答えるしかなかった、20年前のバルセロナだった。

 「なんで“ち”じゃなくて“てぃ”なの?」

 20年後の日本で、あの時とまったく正反対のことをヨメが言っている。言われているのは虎蔵(仮)である。1歳10カ月あたりの時期から、急速にしゃべることへの意欲と能力を高めつつあった虎だが、なぜか、“てぃ”という発音が大のお気に入りになってしまった。

 「おもてぃ、おもてぃ」

 なんだそりゃ? おもちのことか? まだ夏なのになんでだ?……と訝しく思いつつも、とりあえず「おもてぃ」なんて日本語が存在していないのは確実なので、親としては優しく訂正しようとする。

 「てぃ、じゃなくて、ち、だぞ」

 すると、なぜかこれが虎のツボにはまってしまう。

 「てぃてぃてぃてぃてぃてぃ!」──そう連呼して笑い転げる。ト連送が「全機突撃セヨ!」、テ連送は「敵機動部隊見ユ」、でもってトラトラトラは「我奇襲ニ成功セリ」っていうのは、旧海軍航空隊の電信用語。だが、ティ連送となると、さしもの第二次大戦オタクのお父さんにもさっぱりわからん。というより、ヨメの疑問がなにしろもっともである。

 なんで、てぃ、なんだ?


幼児教室でのトラ。髪を切りました

金子 達仁

金子 達仁

スポーツライター。1966年、神奈川県生まれ。法政大学社会学部卒業後、『サッカーダイジェスト』編集部記者を経て、95年にフリーに。スペイン・バルセロナで執筆活動中の97年に「Number」誌に掲載された「叫び」「断層」でミズノスポーツライター賞を受賞。著書に『28年目のハーフタイム』『決戦前夜』『惨敗―二○○二年への序曲』などがある。最新作は『ラスト・ワン』。FC琉球スーパーバイザー。熱狂的な阪神ファン。愛称「虎蔵」(仮)という息子に阪神のユニフォームを着せ、選手に抱っこしてもらうのが何よりの楽しみ。虎蔵(仮)を膝に乗せて、原稿を書くという技を習得中。「スポニチ」「Yahoo! ニュース」「スポーツメディア道楽者」などのメディアで記事を執筆している。

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

トラの子、育ててます。

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「パパ」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード