スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

注意してもあやまらない息子。どう伝える?

子育て・教育

注意してもあやまらない息子。どう伝える?

頭をさげるなど、簡単な謝罪方法を教える

<質問>

 1歳半の男の子です。悪いことを注意してもあやまりません。どのように伝えたらよいでしょうか。

<答え>

 1歳半も過ぎてくると、自分の意思がはっきりしてきます。

 やってはいけないことをわざとしたり、悪いことをしてもあやまらないなど、これは子どもなりに一生懸命に表現をしていることなのです。

 この場合、大事にしてほしいことは、子どもと意地の張り合いをしないこと。あまり意地をはって追い詰めると、どんどん意地をはってしまいますから、ちゃんとあやまっていなくても、少し頭をさげていればOKなど解決の仕方を教えてあげてください。

山本 直美

山本 直美

チャイルド・ファミリーコンサルタント。株式会社アイ・エス・シー代表。NPO法人子育て学協会会長。1967年生まれ。日本女子大学大学院家政学研究科修士課程修了。幼稚園教諭を経て、大手託児施設の立ち上げに参画。95年にアイ・エス・シーを設立、自らの教育理念実践の場として保護者と子どものための教室『リトルパルズ』を開設、現在東京・名古屋で「ウィズブック保育園」を開設、運営し、独自の教育プログラムや保護者向けの子育てに関する学びを提供している。2008年にはこれまで研究・実践してきた理論・プログラム普及のため、NPO法人子育て学協会を設立、キッザニアのプログラム監修や子育て支援のプログラム提供などの実績がある。同協会では、子育て中のパパ・ママ向けに「子育てを通じて大人も育つ」、“育ち合う家族”をつくっていくための「子育て学講座」(キッズデザイン賞受賞)を開催中。子育てを一生懸命頑張っておられるパパ・ママへ山本からのメッセージ 「山本直美のかぞく応援メルマガ」を配信中。著書に『デキるパパは子どもを伸ばす』(東京書籍)、『子どものココロとアタマを育む 毎日7分、絵本レッスン』(日東書院本社)、『自走できる部下の育て方』(学研)など

連載バックナンバー

「親だってわかんない!」ときもあるさ

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード