スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

子どもに注意するときは、必ず動詞を入れる

子育て・教育

子どもに注意するときは、必ず動詞を入れる

あいまいな表現はNG。「○○するのはよくないよ。△△してね」と言えば伝わる

茅ヶ崎市役所こども育成相談課職員の伊藤徳馬さんは、神戸少年の町版「コモンセンス・ペアレンティング(CSP)」という手法を伝授する「怒鳴らない子育て練習講座」を開設した立役者。神戸少年の町版CSPとは、アメリカで開発されたペアレンティングトレーニングのプログラムを日本の文化仕様にしたもの。「何をすべきかを明確に伝える、褒める、事前に練習させる」といったしつけの技術を親が経験的に学習していくプログラムです。この方法を分かりやすく『どならない子育て』、続編の『どならない子育て それでもやっぱりどなっちゃいそうなとき編』で解説しています。今回は「子どもに対してどんな言葉を使えば言いたいことがちゃんと伝わるか」について具体的に伺います。

 こんにちは、伊藤徳馬です。私は仕事柄、保育園や幼稚園の先生とお話しする機会が多々あるのですが、先生達は次のような場面をよく見かけるようです。

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

伊藤徳馬の どならない子育て

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード