スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

こんなに違う! 大手中学受験塾の中身を解剖

子育て・教育

こんなに違う! 大手中学受験塾の中身を解剖

御三家のSAPIX、コツコツ型の日能研、教材力の四谷大塚、反復学習の早稲アカ

前回「中学受験 合同説明会には小3以前から参加も可能」では、合同説明の種類や活用の仕方を紹介しました。今回は、中学受験に不可欠な塾との付き合い方に迫ります。

中学受験には塾は不可欠

 中学受験をするなら、今や塾通いは必須です。

 中には「うちは通信教育だけで受験をした」という家庭もありますが、それは私立中学受験の経験を持つ親が、塾の指導に匹敵するくらいの熱心さと丁寧さで、子どもの勉強を見てあげられたとか、あるいは子どもが勉強しなくてもよくできるある種の秀才だった場合など、ごくまれなケース。正直あまり参考にはなりません。 

 では、なぜ中学受験には塾が必要なのでしょうか? 例えば、同じ受験でも、高校受験と大学受験は学校の延長線上に入試があるため、学校で学ぶ勉強と入試問題の内容が大きくかけ離れてはいません。ですから、学校で学ぶ内容を地道にコツコツと勉強していれば、塾へ通わなくても合格することが可能です。

 ところが、中学受験に限っては、小学生が習うべき学習範囲内の内容と定められているにもかかわらず、小学校で勉強する内容とは大きくかけ離れている面があり、学校の勉強だけではとても入試に対応できないのが現状です。

 小学校での授業というのは、「一つのことを実行すれば答えが出る」という非常に単純な作業のくり返しで、いわば基礎訓練のようなもの。

 こうした基礎訓練はもちろん大切ですが、中学受験の入試問題は、それをさらに発展させた問題が出題されます。例えば、算数の問題には数学の発想とは異なる「中学受験の算数」が必要になり、それを学校で習っていない子どもはとても解くことができません。また、親自身が中学受験を経験していないと、教えることも難しいでしょう。

 「中学受験をするのなら、大手受験塾に通わせるのがいいでしょう」

 そう口をそろえて言うのは、「中学受験情報局『かしこい塾の使い方』」というサイトで各塾の特徴や傾向、勉強への対策をアドバイスしている西村則康先生と中学受験個別指導塾SS-1代表の小川大介先生です。お二人は大手受験塾に通う生徒を中心に、フォローアップから応用・発展まで、集団塾では補いきれないものを、西村先生は家庭教師、小川先生は個別指導塾というスタイルで指導しています。

 そんなお二人が「中学受験をするなら、まずは大手塾へ」と言うのには理由があります。

次ページ 大手塾には受験に必要な学習カリキュラ...

連載バックナンバー

共働き中学受験 基本のキ

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード