スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

「母であること」を最優先する、オバマ大統領夫人

子育て・教育

「母であること」を最優先する、オバマ大統領夫人

アメリカ人女性が憧れる、バランス感覚抜群のファーストレディー

 世界のスーパーワーママを紹介するこの連載、第1回はアメリカ合衆国のファーストレディー、ミシェル・オバマ大統領夫人です。2人の子どもを育てながら、大統領を支え、弁護士資格を持つキャリアウーマンとして社会活動にも熱心に参加しています。大統領という超多忙な職務に就きながら、家族を大切にするオバマ大統領、家庭を守りリードするミシェル夫人が支え合う姿は、世界の共働き夫婦にとって励みとなることでしょう。

 これほど“支持率”の高いファーストレディーも珍しい。第44代大統領に選ばれたバラク・オバマの妻、ミシェル・オバマ。夫は初のアフリカ系大統領として話題になったが、ミシェル夫人もまた、黒人奴隷を先祖に持つ初めてのファーストレディーだった。オバマ大統領の就任から約6年。今や、ミシェル夫人は子育て法、キャリア、ファッション、人柄に至るまで、国民の熱い注目を浴びる存在となっている。

離れているときは娘達のことばかり考える

 「私がバラクと共に取り組んでいるすべてのこと、そしてあらゆる選択は、2人の娘のためなのです」

 2008年の大統領選挙キャンペーン中、オンライン子育てマガジン『バブル』で、ミシェル夫人はこう話している。母親であることを、何事においても優先させる。夫に付き添って、アメリカ国内の各州を回らなければいけないときも、娘達のためにできるだけ毎日家に帰り、2日以上は家を空けないよう心がけた。どうしても、泊まりがけの日程を組まなければいけないときだけ、実母に子どもを見てもらっていた。

 「離れていると、朝から晩まで娘達のことを考えてしまいます。私達のように、親にすぐ子どもを預けられるのは恵まれた環境。バラクと一緒に、共働き夫婦が子育てをしやすい環境の改善に力を尽くしたい

 


オバマ大統領2期目に向けた関連行事にミシェル夫人と娘達が登場。ママも娘も洗練された着こなし(写真:ロイター/アフロ)

次ページ テレビやコンピューターは週末だけよし...

連載バックナンバー

脱帽! 世界のSuperワーママ図鑑

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード