スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

子どもと防犯

子育て・教育 有料会員限定記事

「怪しい人についていくな」では、子どもは守れない

犯罪が起きる場所には、必ず2つのシグナルが潜んでいる!

 子どもが犯罪に遭わないようにするために、親はどんなことを教えればいいのでしょうか?
 2014年9月19日、川口市立上青木小学校で「地域安全マップをつくろう」という授業が開かれました。参加したのは4年生。朝9時から15時半まで、ほぼ一日かけて、みんなで安全マップを作りました。指導したのは立正大学の小宮信夫教授。ケンブリッジ大学の犯罪学研究科で犯罪心理学と犯罪社会学について学んだ小宮さんは、その経験を生かして地域安全マップの開発者として、東京都や新潟県、宮城県、青森県、岡山県など、全国各地で防犯指導も行っています。日経DUALでは、この授業にお邪魔して、子ども達と一緒に安全マップ作りを体験しました。今回から3回に分けて、そのレポートをお届けします。ぜひ子ども達と一緒に犯罪に遭わないための基礎知識を学んでください。
 第一回は、体育館で開かれた授業の様子をお届けします。授業では、防犯マップ作りに欠かせない、危険な場所を見分ける方法の説明が行われました。

 9月19日の朝9時、上青木小学校の体育館には、同校の4年生が全クラス集まりました。まず校長先生の挨拶があり、その後、小宮さんの特別授業が始まりました。それでは、その授業の様子を見てみましょう。

「自分は大丈夫」と思っていても、みんな必ずだまされる!

小宮 地域安全マップを作る前に、まずみんなで犯罪について考えてみましょう。犯罪って、どんなイメージ?

子ども達 「誘拐!」「殺人!」「監禁!」

小宮 監禁なんて言葉、よく知っているね。そういえば監禁事件、この前もあったね。ほかに、もっと身近な犯罪もあるよ。例えば「痴漢」や「ストーカー」だね。どの犯罪も、危ない目に遭いそうなイメージだよね。では、危ない目に遭わないためには、どうすればいいと思う?

子ども達 「怪しい人についていかないこと」

小宮 では、「怪しい人」ってどんな人だと思う? マスクを着けてサングラスをしている人? そんな人は、いませんよね(笑)。では、どんな人?

子ども達 「一見、優しそうな人」「物で釣る人」

小宮 いろいろ出てきたね。でも、「優しそうな人」と「優しい人」って、見分けがつく? つかないよね。となると、誰が危ない人なのか、よく分からないってことになるよね。
 みんなは、自分だけはだまされないって思っているでしょう。危ない人は、すぐに気づくって思っているでしょう。でも、僕はここで宣言します。皆さんは、危ない人に100%だまされます。あめなんてもらわないよって思っていても、もらってついていってしまうんです。


防犯教室の講師は、立正大学の小宮信夫教授。ケンブリッジ大学犯罪学研究科で学び、専門は犯罪社会学

人通りが多く明るい場所で犯罪は起きる

小宮 誰が怪しい人なのか、よく分からない。でも、みんな危ない目に遭いたくないよね。では、どうすれば安全だと思う?

子ども達 「危ない人に会わなければいい!」「危ない所に行かなければいい!」

小宮 なるほどね。では、どういうところが危ないと思う?

子ども達 「人通りが少ない所」「暗い所」

小宮 よくそう言うけど、本当はそうではないんだよ。人通りが少ない所は、実は安全なんだよ。だって、南極や砂漠に危ない人、いないでしょ?

子ども達 (笑)

小宮 暗い所も、実は危なくないんです。犯人だって、みんなと同じ。やっぱり、明るい所が好きなんだよ。暗い所は、犯人だって嫌なんです。
 では、どういう所が危ないんだろう。実際にどんな所で犯罪が起きているのか、ちょっと考えてみて。

子ども達 「公園」「駅前」「団地」

小宮 そうだね。駅前や公園、団地、学校の周辺なんかで、よく犯罪が起きています。でもこれらは、人通りが少ない場所ではないよね。人通りが多いのに、どうやって誘拐したりするのかな?

子ども達 「人混みに紛れ込む」「電車で目を付けて、後をつけていく」

小宮 そうそう。だから、犯人は人が多い所のほうが好きなんです。そういう場所で、どういう子どもがいるのかを探って、よさそうな子どもが見つかったら、後をつけていくんです。もしかすると、その子どもは途中で誰かに会って、一緒に帰ったりするかもしれないよね。そのとき、犯人はどうすると思う? 犯人は、その子を諦めて、次の子を探すんです。どうしてもその子でなければいけないわけじゃない。だまされる子が見つかるまで、何度でも繰り返せばいいんです。

危ない場所の目印はたった2つ

小宮 では、どうやって犯人が子どもを探している危ない所を見つければいいんでしょうか? 今日は、危ない場所を見分ける目印を教えてあげます。目印は、たった2つだけです。

小宮 危ない場所を見分ける目印は、次の2つです。

・入りやすい場所
・見えにくい場所

 これが、危ない場所の目印になります。では、どういう場所が危ないのか、みんなで一緒に考えてみましょう。これからクイズを出します。ヒントは、さっき言った2つです。よく考えてね。

次ページ どっちが危ない場所かテストで確認

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

子どもと防犯

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード