スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

夫が妻に聞いておいた方がいい 「飲み会」について

ママとのコミュニケーション術(1)男女の「脳」の違いを軽んじると、残念なパパになってしまう

 『仕事も家事も育児もうまくいく! 「働くパパ」の時間術』著者の栗田正行です。共働きのデュアラーにとって何よりも大切なのは、お互いを理解し、支え合うという姿勢です。以前、こちらで働くパパの仕事術・時短術について連載をさせていただきました。
 しかし、実はそのような仕事術に加えて、より効率的・効果的に仕事をできるようになるコツがあります。それは、夫婦のコミュニケーションを円滑にすること。なぜかといえば、ただでさえ仕事で肉体も精神も駆使しているのですから、家庭で心を癒やすことができなければ、ゆくゆくは生活が破綻していきます(ちょっと大げさかもしれませんが……)。夫婦関係が良好であれば、それだけ仕事に集中できるので、仕事の効率がアップするのは火を見るより明らかです。
 子育てという一生に何度もない貴重な時間。どうせなら、夫婦で泣いて、笑って、とことん味わいたいもの。この新連載で、そんなステキな生活を送るためのちょっとしたコツ、お届けします。

家庭生活が充実するかはママとの関係次第

 パパが仕事や家事を効率的・効果的にできるようになると、自由な時間が生まれます。このとき、子どもとの時間を大切にするのはもちろんですが、ママへの気遣いや思いやりの時間を持つことはとても重要です。

 なぜなら、自分のことが後回しになってしまいがちなママを気遣い、思いやるのはあなたにしかできないことだからです。

 ママとのコミュニケーションについては、「効率」より「思いやり」を重視するというのが私なりのポイントです。一見、非効率と思えるような方法でも、お互いの心が通い、お互いが笑顔になるのであれば、どんどん実践すべきです。良好な夫婦関係は良好な家族関係の礎となります。

 そして、良好な家族関係は公私ともに充実した時間を生み出してくれます。つまり、良好な夫婦関係の相乗効果によって、仕事にも良い影響が生まれるのです。

 このような記事を読んでいるあなたは、きっとママや子どもへの愛情にあふれていることと思います。しかし、それらは残念ながら目には見えません。耳にも聞こえません。思いやりや愛情は、目に見える形にしたり、相手に伝えたりすることによって、初めて相手を幸せな気持ちにすることができます

 パパとママのお互いが幸せな気持ちになるために必要なことは、まず「違いを認める」ということです。夫婦で何年も一緒にいると、相手のことをすべて分かったような気になってしまいますが、そこに落とし穴があります。

次ページ パパとママの5つの「違い」

連載バックナンバー

パパ必読!ママとのコミュニケーション術

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「パパ」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード