スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

好きで認可園以外を選んだわけじゃない

保活体験アンケートで約740人のリアルな声!(中)認可園に入れなかった子どもの約65%が認証園などに入園

DUALでは読者の皆さんに保活体験についてアンケートを実施しました。先輩の意見やアドバイスもあります。今まさにリアルタイムで保活中の方の声もあります。アンケート結果を上・中・下、3本の記事で紹介しますので、春に向けての入園準備にぜひ参考にしてください!

(日経DUAL特選シリーズ/2015年2月の記事を再録したものです。)

【調査について】
・調査名:「日経DUAL 保活体験アンケート」
・実施期間:2015年1月7~23日
・回答数:736人 (女性 690人、男性 46人) 主に2012~15年の保活経験者

認可保育所以外の施設を選んだ理由の4割は、明らかに消極的

 前の記事「日経DUAL調査 9割が『認可保育園』を希望」で、保活中の親の約9割が「認可保育所」への入園を希望していたことが分かりました。では、残りの約1割の皆さんは、どういった理由から認可保育所以外を第一志望にしていたのでしょう。

 アンケートで聞いてみたところ、「その他」という回答が最も多く、様々な個別の理由によることが分かりました。自由記述欄には「(認可保育所は)19時半までしか預けられない」「世帯所得が高く(認可保育所に)入れる見込みがなかった」などがありました。

 2番目に多かったのが「認可保育所は、定員が少なすぎて入園できる見込みがなかったから」。これに「時期が4月に合わず、もう枠が空いていなかったから」「フルタイムで働いていないために、入園できる見込みがなかったから」と回答した人を足し合わせると、約4割が消極的な理由で認可保育所以外を第一希望にしていることが明らかになりました。

 一方で、「気に入った園が別にあったから」と回答した方も16.3%いました。「認可保育所がベスト」という考え方にとらわれず、自分の軸で判断した方も少なくないようです。

次ページ 「第一希望園のクラス定員も待ち番号も...

連載バックナンバー

認可保育園に入れなかったら

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード