スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

PTAは任意加入の団体。役員決めの参加強制は違法

子育て・教育

PTAは任意加入の団体。役員決めの参加強制は違法

川端裕人・新連載 入学式直後の保護者会が、PTAの委員決めで終わってしまう理不尽さ

任意加入のはずのPTA会費は、給食費用口座から引き落とされていた

―― 2014年7月に、PTA強制加入は不当だとして、熊本で会費返還などを求めた訴訟が起きました。任意加入はようやく認知されてきていますが、川端さんが「PTA組織はおかしい」と猛烈に感じたのはどの点ですか?

川端 僕の子どもが通っていた小学校では、給食費用の口座からPTA会費が引き落とされていました。多くの保護者は後になってそれに気づくわけです。たぶん、さすがに小さな文字でどこかに注意書きはあったのでしょう。でも、一般社会でそんな乱暴なことは許されないので、すごくびっくりしたのを覚えています。「PTAは、ここまでやっていいのか?」と。

――  PTAの改革というと、業務の効率化を訴える人が多いようです。でも川端さんの場合は、そこにいく前に、任意加入であることを明記することから始めるべきだと主張されているのですね。

川端 つまり「まともな運営」をすべきだろうってだけです。やりたい人にとっては機会として開かれているけれど、やりたくない人はやらなくていい。いったん活動をしてみようと入ったけれど、方針が合わないとか、負担が大きすぎるとか感じたら、本人の意志で退会できる。それに関して児童・生徒が不利益を被ることもない。もちろん、気が変わったら、また入ってもいい。

――  それが大前提ということですね。

川端 会としてまともに運営した上で、何を目標にするかは、個々のPTAの自由です。みんなが認めるような活動ができればいいですね。もちろん、今のPTAがやることが多すぎて業務を効率化すべき、というのは、本当にそう思います。

* 次回に続く

(ライター/阿部祐子、撮影/鈴木愛子)

川端裕人

川端裕人

1964年兵庫県生まれ。千葉県育ち。東京大学教養学部(科学史専攻)卒業後、日本テレビに入社。科学技術庁、気象庁などの担当記者として、宇宙開発、海洋科学、自然災害などの報道に関わる。97年退社。98年『夏のロケット』(文藝春秋)で小説家デビュー。小説やノンフィクションなど幅広く活躍する。2015年7月に『雲の王』が文庫化。2008年に『PTA再活用論―悩ましき現実を超えて―』(中央公論新社)を出版。子ども向けの書籍として、絵本『さんすううちゅうじん あらわる』『12月の夏休み──ケンタとミノリの冒険日記』『リョウ&ナオ』などがある。発起人として立ち上げたサイトに「素晴らしいPTAと修羅場らしいPTA」がある。2015年7月21日(火)にはTBSラジオ「荻上チキのSession22」に登場。「ここがヘンだよ、PTA!」と題してトークを展開。ポッドキャストはこちら。新刊は『天空の約束』(集英社)。メルマガ「秘密基地からハッシン!」を創刊。

連載バックナンバー

川端裕人の「PTAは変われるか!?」

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード