スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

被ばくから、親はどうやって子どもを守れるか

ドキュメンタリー映画『小さき声のカノン』 震災から4年 福島の子ども達の安全を守る父と母の試み

 子どもを持つ親なら誰もが思うこと。子どもの健康。子どもの安全。食べさせる物に気を配ったり、環境にこだわったり。でも、あまりに大きな問題に直面したとき、親はどこまで子どもを守ることができるのか? 考えてしまいますよね……。

 東日本大震災により引き起こされた東京電力福島原発事故から4年。事故による放射能の影響から、子どもたちの安全を自発的に守ろうとしているお母さん・お父さんたちがいます。

 “核をめぐる三部作”として国内外で高い評価を受けた『ヒバクシャ ―世界の終わりに』『六ヶ所村ラプソディー』『ミツバチの羽音と地球の回転』の鎌仲ひとみ監督の最新ドキュメンタリー映画『小さき声のカノン』。本作では、チェルノブイリ原発事故を経験したベラルーシの状況を取材しつつ、福島二本松市で子どもを被ばくから守るために奮闘する親たちの活動がつづられています。


『小さき声のカノン』 3月7日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラム、フォーラム福島ほかにて全国順次公開 (C)ぶんぶんフィルムズ 出演者:佐々木るり、佐々木道範、佐藤晴美、菅谷昭、野呂美加、亀山ののこ、 ヴァレンチナ・スモルニコワ、ユーリ・デミッチク ほか 監督:鎌仲ひとみ プロデューサー:小泉修吉 音楽:Shing02 撮影:岩田まきこ 録音:河崎宏一 編集:青木亮 助監督:宮島裕 エンディング・テーマ:「うまれてきたから」(NUU) 製作・配給:ぶんぶんフィルムズ 2014年/カラー/デジタル/119分 公式サイト:http://www.kamanaka.com/canon

次ページ 震災後、一旦は母子避難したものの……...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

今週の発散映画&DVDはこれで決まり!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「趣味」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード