スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

スティッククリーナー、重要なのは吸引力ではない?

選ぶポイントは、「ゴミを集める力」と「通電時間」

 何かと忙しいDUAL世帯、できれば掃除も時短したいもの。そこで気になるのが、「スティックコードレス掃除機(以下、スティックコードレス)」。三回連載の第一回、「メイン掃除機、買い直すならスティッククリーナー?」では、メイン掃除機としても十分に使える現在のスティックコードレスクリーナーの現状について、家電コーディネーターの戸井田園子さんにお話を伺いました。第二回目は、スティックコードレスを選ぶポイントについてお聞きします。

重要なのは、「吸引力」ではなく「集じん力」

──スティックコードレスクリーナーというと、「吸引力が弱い」「使える時間が短い」というイメージがありました。現在の製品はどうですか。

 そうですね。やはりその2点が一番気になるところだということは、メーカーもよく知っていますから、色々と工夫しています。ところで、ゴミを吸う力を知りたいときは、吸引力を見ればいいと思っていませんか?

──え、違うんですか?

 はい。日本のJIS規格では「吸込仕事率」を表記するように定められているため、日本メーカーは吸引力の向上に力を入れてきました。ですが、実は掃除機に求められているのは「吸い込む力」ではなく「ゴミを集める力」、つまり「集じん力」です。少し分かりにくいかもしれませんが、集じん力と吸込仕事率はイコールではありません。集じん力を測る目安になるのは「ダストピックアップ率」で、掃除機を選ぶ場合、海外ではこのダストピックアップ率が重視されています。

──「吸込仕事率」と「集じん力」の違いを、もう少し詳しく教えてください。

 「吸込仕事率」を測るには、パイプの先で「真空度」と「風量」を測定します。つまり、掃除機の中やパイプの中を流れる空気の動きを測るんです。対して「集じん力」、つまり「ダストピックアップ率」は、実際にゴミのサンプルを用意して、そのゴミをどのくらい吸い込んだかということを測ります。つまり、文字通り「ゴミを吸い取る力」を測るわけです。ダストピックアップ率では、100のうちどれくらい吸い込んだかということを数字で表します。ヨーロッパ基準だと、95以上のものがほとんどです。


「集じん力」とは、実際にゴミを吸い取る力のこと

次ページ 集じん力は、ヘッドの設計で変わる

連載バックナンバー

賢く買いたい! 共働き「必携」家電の選び方

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「生活・家事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード