スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

駒崎弘樹 数字に基づくプレゼンで夫を変える

子育て・教育

駒崎弘樹 数字に基づくプレゼンで夫を変える

夫の家事・育児参加が家庭の収入増につながることをロジカルに伝えるべし

 認定NPO法人フローレンス代表理事・駒崎弘樹さんと、これからの社会をより住みやすい場所にしていくためにできることを考える連載「DUAL世代が社会を変える」。前回の記事「男性が家事や育児をしない本当の理由」に続いて、日本の経済や将来の社会保障など、社会全体を大きく変えるキーワードだと駒崎さんが考える「男性の家事・育児参加」について、熱く語ってもらいます。

 訪問型・共済型の病児保育サービスを提供している認定NPO法人フローレンス代表理事の駒崎弘樹です。この連載では、共働き育児中のDUAL世代にとって希望を持てる社会をつくるために、僕が大事だと考えるアクションや意識の持ち方についてお話ししています。

どんな夫も変わる可能性を秘めている

 前回は、「男性の育児参加が新しい時代の要請である」という話をしました。でも、この話をすると決まって表情を曇らせる女性がいます。「そんなこと言われても、うちの夫の家事能力はゼロだし、全然イクメンじゃない。うちには関係のないことです」というわけです。

 しかし、夫の家事力・育児力を向上させることは、共働き子育て家庭の健康的な維持発展に重要な要素であることは間違いありませんよね。

 諦めないでください! 同じ男性の立場として、声を大にして言います。どんな非・カジ(家事)メン、非・イクメンも変わる可能性を秘めています

 ただし、そのためのステップには「納得」が必要です

 男は打たれ弱い生き物ですから、「どうしてやってくれないの? 私はこれだけやっているのに」という詰問や批判はかえって意欲を削いでしまいます。

次ページ 男を納得させるのは“数字”に基づくプ...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

DUAL世代が社会を変える

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード