スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

子どもに怒りっぽくなってしまう本当の理由

子育て・教育 有料会員限定記事

子どもに怒りっぽくなってしまう本当の理由

「すべてが子どものため」だとDUALママはしんどい

 こんにちは、チャイルド・ファミリーコンサルタントの山本直美です。今まで、たくさんの家族を見てきて感じることがあります。それは、現代のパパ、ママ達は、「子どものためだけに生きる」という世代ではないということ。誤解のないように伝えておきますが、それは決して悪いことではありません。

最近の若いもんは…とはいうけれど

 子育て期には自分を犠牲にすることが当たり前で、「子どもが生まれて10年間は子育てに専念する」という時代もありました。DUAL世代の皆さんの、母親から祖母世代かもしれません。

 先日、わんこたちのお散歩をしていて、同じくお散歩中のおじいさんに話しかけられました。よもやま話をしていると、「最近の親はなっとらん」と、おじいさんが言い出しました。「自分たちの時代は子どもが多かった。私も7人兄弟の一番上だが、全員男で、それを必死で親は育てたもんだ。今は子どもひとり育てているだけなのに軟弱だ」というのが、そのおじいさんの言い分でした。

 いつの時代も、「最近の若いもんは」と言いますよね。昔は確かに兄弟が多かったので、親のしつけとは言いながらも、兄弟同士が見合っていたり、隣近所の方が子どもを見てくれたり、叱ってくれたりしました。母親としても、「子どもをたくさん育てた」ということが、心の支えだったように思います。

 どの時代にも色々な女性の生き方があります。過去の時代があり、今があるのですから、決して、良い、悪いではありません。「母親や祖母はどんな思いだったのだろうか」と思いを馳せれば、その時代ならではの苦悩も感じ取ることができます。どの時代も完璧な子育てはありませんものね。でも、今は、一昔前の「良妻賢母」とはとらえ方が変わってきているのを感じます。

次ページ 「子どもには●●してあげなければなら...

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

「親だってわかんない!」ときもあるさ

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード