スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

産婦人科医が語る 不妊につながる性的行動とは?

子育て・教育 有料会員限定記事

産婦人科医が語る 不妊につながる性的行動とは?

黒田優佳子医師/「コンドーム無しで多数の男性とセックスをする」「何度も人工妊娠中絶をする」は絶対NG。その理由は?

連載「黒田優佳子先生の 優しい生殖医療講座」第3回です。不妊治療専門施設の黒田インターナショナル メディカル リプロダクション(東京都中央区)院長の黒田優佳子先生に、子どもに教えておかなければ、将来、自分の子どもや子どもの恋人を不妊にしてしまうかもしれない、大切な知識について伺いました。

セックスすると精液の中に混在する菌で、女性の子宮の中は侵される


黒田インターナショナル メディカル リプロダクション院長の黒田優佳子先生

DUAL編集部 前回記事「子どもの性意識の初期設定こそ、親の大事な役割」では、わが子にどんなタイミングでどのような話をどうやってすることが性教育には大事か、という話を伺いました。今回は、さらに踏み込んで、子どもだけではなく、そして親自身も知っておくべき話題について伺いたいと思います。

 少し前の調査になりますが、セックスに関するアンケート調査「Durexセクシャルウェルビーイングサーベイ」(2006年8~9月)によると、日本人のセックス経験人数は男性が14人、女性が8人だったそうです。この実態をどのようにご覧になりますか?

黒田先生(以下、敬称略) 男性側がちゃんとコンドームを使用していたかどうかが気になります。というのも、多数の男性とコンドームを用いないでセックスをした場合、簡単に言うとその行為が原因で、将来的にその女性が妊娠しにくくなる可能性があるからです。

 精液は尿道から排出されます。射精する際、尿道に残っている尿と一緒に菌も精液の中に混入してきます。つまり、コンドームを使用しないセックスでは、この菌と尿が精液と一緒に女性の膣内に入っていきます。この菌は、普段であればそれほど悪者ではありません。でも、免疫が落ちていたらどうでしょう?

 元気な人の体内に風邪の菌やウイルスが入ると、白血球が攻撃して処理してくれます。でも体力が落ちて免疫力が下がっていると風邪を引きやすくなりますよね。子宮の中でも同じように白血球が体の外から入ってきた菌を攻撃してくれますが、免疫力が低下していたり、その菌に侵される回数が多かったりすれば菌のほうが勝ってしまうようになります。ここは個人差もありますが、例えばセックスする相手が5人になれば、×5どころか5乗くらい精液中に混在する複数の数多くの菌によって子宮の中は侵されることになります。

次ページ ばい菌は膣、子宮、卵管まで、精子とと...

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

黒田優佳子先生の「優しい生殖医療講座」

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード