スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

仕組みづくりと声掛けで、幼少期でも片付られる

【子ども部屋レイアウト変更・収納特集】(5) 整理収納コンサルタント澁川真希さんのワザと愛用するグッズを紹介

 年齡が上がるにつれて、どんどん増えていく子どもの持ち物。幼児期はおもちゃがメーンだけど、小学生になれば学校用品に習い事グッズと、ジャンルも広くなるため、成長すればするほど家が散らかりやすくなります。子どもがいてもすっきりした状態を保っていくにはどうしたらいいのでしょう。収納上手になれるグッズとは? 子ども部屋レイアウト変更・収納特集の最終回では、整理収納コンサルタント、そして2人の男の子の母でもある澁川真希さんに、秘訣を伺いました。

<目次>
●小学校入学前に片付け習慣を
●一人で片付けられる仕組みづくり
●学校関連の物、プリント類の置き場所の見直し法
●外出アイテム、おもちゃ、思い出の品…収納のコツ

小学校入学前に、片付けの習慣をつけるのが理想的

 澁川さんは、小学5年生と中学1年生の男の子の母。2人とも小学校に入る前から当たり前のように片付けをしてきたので、学校から帰ったら通学カバンを決まった場所に置き、使った物は元あった所に戻す…といったことがごく自然にできている。

 「片付けを始めるタイミングは、早ければ早いほどいいと思います。小学校高学年くらいで片付けを身に付けさせようとすると、子どもに『やらされている』と受け取られやすい。わが家の場合は、3歳くらいから『このおもちゃ、元の場所へもどしてあげようか』と促していました。一緒におもちゃを片付けてみて、『すごいね、できたね!』『スッキリして気持ちいいね』と伝える。親が褒めたり、気持ちを伝えたりすることを繰り返すことで子どものポジティブな気持ちが育ち、積極的に片付けができるようになるんです」

 忙しいと「自分で片付けてしまったほうが早い」という理由で、ついつい親がやってしまいたくなる。しかし、片付けられる子に育てたいのなら、手を出し過ぎるのは禁物。

 「いきなり子ども一人では片付けられないので、最初は親が手本を見せながら一緒にやってみる。やり方を覚えたら親は見守りに徹し必要に応じて声掛けし、大丈夫そうだと思ったら完全に一人でやらせてみましょう。初めは親も根気が必要。でも、就学前に頑張っておけば、小学生になるころには親も子も片付けに対するストレスは減っていきます。

 子どもに片付けを教える目的は、単に部屋をきれいにするためではなく、その子の未来をよりよくするためだと私は思っています。日々片付けをしていると、ちょっとしたことに気が付くようになるし、どこに何を置いたら使いやすいか、考える力もつく。気持ちよく暮らせる場所が得られて情緒も落ち着きますし。メリットは計り知れません」

子どもが片付けられる“仕組み”をつくる

 子どもは片付けが苦手なものだと決め付けている親もいるが、それは誤解だと澁川さん。「学校や保育園だと、ちゃんとできていますよね。学校や保育園では物の定位置が決まっていて、余分な物が無いため、片付けやすいんです」。つまり、家でも片付けやすい仕組みさえつくってあげれば、子どもも片付けができるようになるということ。

 「仕組みといっても難しいものではなく、子ども目線になって、物を出しやすく、かつ戻しやすい状態にしてあげればいいだけ。そのためには、分類を複雑にしないこと、物の数を厳選すること、定位置を決めること、が重要。定位置は、リビングで使う物はリビングに、子ども部屋で使う物は子ども部屋に、というように使う場所に設定するのが基本です。引き出しやフタを開けたり、部屋を移動して片付けたりするのは大人でも面倒なこと。動線も方法も、できるだけシンプルにすることを心がけましょう」

次ページ 最低3週間は毎日気長に声掛けする

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

子ども部屋レイアウト変更・収納特集

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード