スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

雨の日は、家の中でできる運動遊びがおすすめ

子どもは遊ぶだけで運動能力が向上。親も体脂肪率が下がって育児ストレスも解消へ

 休日、子どもと公園に行こうと思っていたのに外は雨。そんな日が続く梅雨どき、「子どもとどう遊べばいいのだろうか」と困ってしまいませんか?
 そこで、今年医学博士となった、NHKの番組『おかあさんといっしょ』で10代目体操のお兄さんとして活躍した「ひろみちお兄さん」こと佐藤弘道さんに、雨の日でも体を動かせて子どもの運動能力を伸ばせる遊び方を教えてもらいました。実はこの遊び、子どもだけでなく親にとっても、心身ともに健康になれる効果があるのです。


家の中でできる運動遊びには、どんな効果があるのか? パパライターが娘と挑戦してみました

子どもは、遊んでいれば体が鍛えられる

 梅雨になると、なかなか公園に行って遊ぶこともできず、育ち盛りの子どもたちも退屈しがち。そんな子どもたちとどうやって遊んであげればいいのか、悩む親御さんも多いでしょう。保育園児の娘を持つ筆者も「ちょっとした運動でもいいので、家の中で子どもと体を動かしたい」と思うことが多々あります。

 そこでNHK『おかあさんといっしょ』で10代目体操のお兄さんとして活躍した「ひろみちお兄さん」こと佐藤弘道さんに「家の中で子どもと体を動かして遊ぶ方法」について取材してきました。


佐藤弘道さん。今年、弘前大学大学院医学研究科博士課程を修了し、医学博士となった

「いつでもどこでも気軽に親子でできる運動ということで言えば、『親子たいそう』がいいと思います。家の中でも大丈夫なので、雨がちな時期にピッタリ。1〜2畳分の室内スペースさえあればできます」(佐藤さん)

 佐藤さんがおすすめする「親子たいそう」とは、どんな運動なのだろうか?


佐藤さんは長年、親子での遊びや運動についての提案を行っている

「『たいそう』と言ってはいるものの、そんなに難しく考える必要はありません。要は『親子で楽しく体を動かして遊ぼう!』という、ただそれだけです

 最近は、小さい頃からスポーツを本格的に習わせたいと思う親が多い。もちろん、それはそれで悪いことではないのですが、「3歳から6歳頃までの子どもは、まだまだ関節をはじめとした体が出来上がっていないし、アンバランス。要はまだ体の“根っこ”が育っていないんですよね」と、佐藤さんは言います。

 その根っこを育てて子どもの運動能力を伸ばすのに一番大切なこと。それは「親と一緒に思いっきり遊ぶ」ことなのだと佐藤さんは話します。親が、子どもに何か運動させようと仕向けるのではなく、「一緒に遊ぶ」ことが大切なのです。

「子どもは『楽しい』と感じるままに動いているだけで、自然とバランスのとれた全身運動ができます。もちろん、子どもは楽しくなければ遊びの集中力は続きませんし、続いたとしてもせいぜい20分程度でしょう。時々休憩を挟みながらなるべく楽しく盛り上げて、親子で一緒に体を動かす楽しさをたくさん経験させてあげることが大切です。そうすれば、親子の素晴らしいコミュニケーションにもなって、絆が深まります」

次ページ 親の体脂肪率が下がり、よく眠れるよう...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

パパママに伝えたい「プロの遊び術」

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード