スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

病児保育を阻む政策と「母親が看るべき」の呪縛

子育て・教育

病児保育を阻む政策と「母親が看るべき」の呪縛

駒崎弘樹さん(下) 施設という“ハコ”を増やす政策ではなく、もっと現実的で効率的な方法を提案します

 7月9日から始まった連続ドラマ『37.5℃の涙』(TBS系・木曜21時~)は、これまで子どもを持つ当事者以外にはあまり知られてこなかった「病児保育」がテーマとなっています。駒崎弘樹さんが代表を務める認定NPO法人フローレンスは、同名原作の漫画(椎名チカ作、小学館『Cheese!』で連載中)のモデルとなりました。前回の記事「子どもの発熱と看病は社会が支えるべきだ」に引き続き、駒崎さんが日本の病児保育の現状や課題についてズバッと語ります。

少子化の要因の一つは病児保育の遅れ

 前編では、「病児保育」として提供されているサービスの違いについて、整理しながらお話ししました。

 「病児保育」という言葉すらほとんど知られていなかった十数年前に比べると、テレビドラマ化までされる今の状況は、一見進んだように見えます。でも、実態の改善スピードは非常にスロー。僕は幾度となく歯がゆい思いをしてきました。

 きっと今この瞬間にも日本のどこかで、急な子どもの発熱に慌てて、あちこちに電話をしているママやパパは何百人といるのではないでしょうか。当てにしていた病児保育施設に電話しても「定員オーバー」で受け入れられず、シッター会社に何件も電話して……。やっと確保できたものの、翌日も仕事を休むことはとても無理。かさむ病児保育代に頭を抱える……。

 これって、全然「親に優しくない」世の中ではないでしょうか。共働き増加・核家族増加の社会において、子どもが増えない一因だと僕は強く思います

 では、日本の病児保育が進まない原因は何か? 僕が考える理由は2つ。「政策」の問題と、「意識」の問題です。

次ページ 東京23区にもある病児保育施設ゼロ地...

連載バックナンバー

DUAL世代が社会を変える

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード