スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

仕事や育児に忙殺されても、女性性は捨てないで

子育て・教育

仕事や育児に忙殺されても、女性性は捨てないで

黒田優佳子医師/第二子妊娠は、尊敬と愛情のあるセックスが大前提

共働き夫婦の夜の実態に迫る「共働き家庭の『夫婦生活』白書特集」が話題を呼びました。そこで本連載「黒田優佳子先生の『優しい生殖医療講座』」では、不妊治療専門施設の黒田インターナショナル メディカル リプロダクション(東京都中央区)院長の黒田先生に、不妊治療の現場から考察する“不妊の原因”について伺いました。

帰宅すると化粧を取って、メガネ顔に――。これが不妊につながる可能性アリ


黒田インターナショナル メディカル リプロダクション院長・黒田優佳子先生

DUAL編集部 先生の元には不妊に悩む多くの患者さんが集まられると思いますが、共働き夫婦の不妊についてのお考えをお聞かせください。

黒田先生(以下、敬称略) ご夫婦お二人が医学的な要因から不妊になる場合もあれば、仕事や家事などからくるストレスが少なからず影響して不妊に至ることもあろうかと思います。ただ、医学的に見て何も問題が無いご夫婦と、不妊についての面談を重ねている際に、ふと思うことがあるのです。

 共働き世帯が増えているとはいえ、やはり現状では、女性が育児や家事の大部分を負担していることが多いと感じます。外では仕事、家では家事・育児に忙殺されている女性の中には、“女性性”を若干捨ててしまっているかのように見える方もいらっしゃるのかな、と。

 ママ達の中には仕事が終わって家に帰ると、お化粧も取って、スーツも脱いで、パジャマみたいな部屋着に着替えて、コンタクトを取ってメガネをしてラクな格好をしている方も多いでしょう。急いでごはんを作って、子どもに授乳して、夜中も夜泣きに対応するので忙しい。

 パパが帰ってきても食事はワンディッシュメニューになって「悪いんだけど、今日は焼きそばにしたから、野菜ジュースでも飲んでおいて!」となることもあるかもしれません。

―― 共働き夫婦にとっては、そんな展開が日常茶飯事ではないかと……。

黒田 そうですよね。そして、ちょっと遠い話に聞こえるかもしれないのですが、この延長線上に「不妊」の問題があるような気がしてならないのです。

 例えば、下着一つとってもそうです。ママになる前はセクシーな下着を着ていたかもしれない。でも、子どもを産んだ後は機能面を重視して、手洗いが必要な下着ではなく、洗濯機で洗えるシンプルな下着を着けるようになる。くだらないことかもしれませんが、男性はやっぱり見た目や手触りなど、ある程度、なまめかしいものから性欲を感じたりするものです。特に第二子不妊に悩むご主人と二人だけでお話をしていると、一度セックスレスになった夫婦がセックスをする状況に持っていくために、「女性としての魅力が薄れた奥様に対して、もう一度性欲を持つようにするのが極めて難しい」という話が出てくることも少なくないのです。

次ページ 仕事や育児で精いっぱいになるのは分か...

連載バックナンバー

黒田優佳子先生の「優しい生殖医療講座」

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード