スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

平日の夕食を楽しい食卓に変える3つの方法[PR]

子育て・教育

平日の夕食を楽しい食卓に変える3つの方法[PR]

たまには“手抜き”して、子どもとの会話を楽しもう(動画付き)

 働くママが思い描く、平日の理想の夕食風景は、「子どもとコミュニケーションを取りながら楽しんで食べる」。でも現実は、時間がなくて、ついつい急かしたり、叱ったり…。これでは、いつまでたっても、理想の夕食風景は実現できません。そこでおすすめなのが、たまには“手抜き”をして、夕食の時間に余裕を持たせること。その秘訣とは?

本当は子どもとゆっくり会話したい

 仕事も家事も子育てもがんばるママにとって、最も頭を悩ませるのが平日の夕食の時間。仕事を終えて子どもを迎えに行き、帰宅後すぐに夕食の準備に取りかかり、ご飯を作ってやっと食べ始めると、「これ食べたくない」「こぼしちゃったー」と大騒ぎ。ママはゆっくり座って食べる暇もありません。

 お風呂に入れて寝かしつける時間を考えると、早く食べてほしいのに、なぜかゆっくり食べる子どもにイライラが募り、つい席を立って用事を済ませたり、「早く食べなさい」と叱ってしまったり…。そんなママを見て、子どものほうも、だんだん話をしなくなる---。こんな風に、会話のない、忙しい夕食の時間を過ごしているママは多いのではないでしょうか。

 働くママが思い描く、平日の理想の夕食風景とはどのようなものなのか。忙しいママ1000人に聞いてみたところ「しっかり準備して家族で楽しんで食べたい」「子どもとじっくりコミュニケーションしたい」と、家族間のコミュニケーションを重要視する声が半数以上を占めました(ボンカレー調べ 忙しいママ1000人に聞いたインターネットリサーチ)。


6割以上の家庭が「夕食を家族のコミュニケーションの場にしたい」と考えていると回答した(2015年6月 ボンカレー調べ 忙しいママ1000人に聞いたインターネットリサーチ)

 さらに、「あなたは食卓で子どもや家族で会話をすることはどれくらい重要だと思いますか」という質問には、9割以上が「重要」「やや重要」と答えています。


9割以上が、食卓で子どもや家族で会話をすることは重要と考えている(2015年6月 ボンカレー調べ 忙しいママ1000人に聞いたインターネットリサーチ)

 また、「家族の食卓にとって大切なことはなんだと思いますか」という質問で多かった回答の1位は「栄養バランス」(「とても大切」「やや大切」を合わせて96%)ですが、2位に「家族間のコミュニケーションの場にする」(同93.6%)が入りました。ちなみに、3位は「ゆったりとした時間」(89.2%)、4位は「子どもの食育の場」(88.6%)、5位は「家族全員そろって食べる」(88.5%)です。


93.6%が家族の食卓にとって大切なことは「コミュニケーション」に関わること、と答えている

次ページ 調理が疲れる、席につけない、急かして...

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード