スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

早稲田・慶應義塾大学に入るのに、中学受験は得か?

子育て・教育 有料会員限定記事

早稲田・慶應義塾大学に入るのに、中学受験は得か?

大学付属の2大人気校。早慶狙いなら知っておくべきこと

以前の記事「男子中学御三家『開成・麻布・武蔵』校風と入試傾向」「女子御三家『桜蔭・女子学院・雙葉』校風と入試傾向」では、中学受験の最難関校と言われる男子校3校と女子校3校について紹介しました。今回は中学受験で人気のある2大大学付属校「早稲田」と「慶應」の入試について、「かしこい塾の使い方」を運営するプロ家庭教師の西村則康先生に伺いました。

早稲田・慶應義塾大学に入るのに、中学受験は得か?


西村則康先生

 難関私立大学として、不動の人気を誇る早稲田大学と慶應義塾大学。両大学へは小学校受験、中学受験、高校受験、大学受験と色々な入り方がありますが、最も合格しやすいのは、どの段階での受験なのでしょう?

 「早稲田の場合は、小学校・中学校・高校・大学受験と満遍なく難易度が高く、それなりに大変です。慶應の場合も大変は大変ですが、実は大学から入るのが一番ラク(学部にもよる)で、中学受験で入るほうが大変なのです。でも、おそらく一番大変なのは幼稚舎への入学でしょう」

 「とはいえ、御三家の入試問題と比べれば、早稲田・慶應の付属校の入試問題はさほど難しくはありません。御三家の入試はほとんどが記述式ですが、早稲田・慶應の入試は全体的に選択問題が多く、記述はほとんどありません。あったとしても、御三家のような自由記述ではなく条件記述なので、比較的簡単です。そのため、4教科すべてにおいて早稲田では7割、慶應では、8割得点できていないと合格は難しいでしょう。つまり、一つのミスが命取りとなるのです」

 入試対策については、後で詳しく説明していきますが、まずは両校にはどんな付属校があるのか見ていきましょう。

※ この連載が書籍になりました!

 11月初旬発売の書籍『中学受験 基本のキ!』(日経BP社)では、「受験直前の6年生がやるべきこと、そしてその親がやるべきこと」を詳しく紹介しています。また、「受験はまだ遠い」と思いがちな、小学校低学年~5年生のお子さんと親御さん向けの情報も満載です。ぜひ参考になさってください。

「受験初心者から本番直前の6年生まで」 DUALの本
『中学受験 基本のキ!』 発売!
著者/西村則康・小川大介
価格/1620円(税込み)

【第1章】 わが子に中学受験をさせるか否か?
【第2章】 中学受験のパートナー 塾との付き合い方
【第3章】 受験生 普段の勉強と、長期休みの戦略的な活用方法
【第4章】 男女御三家と早慶付属校の最新問題傾向
【第5章】 2015年度 中学受験ニュース
【巻末付録】 必見!プロがすすめる併願パターン

●日経BP書店で購入する

●Amazonで購入する

次ページ 早稲田・慶應の各校の校風と進学先

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

共働き中学受験 基本のキ

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード