• 「シートに印刷した木目は天然のものとは風合いが異なります」と話す西村さん

    遮音等級(L値)の目安(※日本建築学会データより抜粋)

    木材に着色したカラーフローリング(奥)に比べ、無着色の突き板フローリング(手前)は木そのものの色が楽しめる

    挽き板フローリング(左奥)は突き板フローリング(右手前)に比べてさらに木目の風合いが強く感じられる

    表面の木材が2mmの厚さの挽き板フローリング(上)と、0.3mmの突き板フローリング。厚みはどちらも12mmだ

    突き板フローリングは表面が天然の木材なので、光の当たり方や視線の角度によっても表情や風合いが変化する

    シートフローリングは一見すると本物の木とほとんど変らない