スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

中学受験 平日&週末の家庭学習 理想のフォロー法

子育て・教育

中学受験 平日&週末の家庭学習 理想のフォロー法

せっかく塾に行っても、家庭学習をしなければ効果は半減してしまう。では、親はどうフォローすればいいのか?

「中学受験その前に 小4からの放課後はどんな感じ?」では、大手4大塾の時間割や学習量について説明しました。今回は、平日&週末の家庭学習の取り組み方について、中学受験専門個別指導塾SS-1代表の小川大介先生にアドバイスをいただきました。

毎日の学習に不可欠なのは、十分な睡眠と楽しい気持ち

 大手塾に入塾すると、小学4年生で週2~3日、5年生で週3日、6年生になると週4~5日塾へ通うことになります。しかし、「塾に行けば家では勉強をしなくていい」というわけではもちろんなく、塾がある日もない日も家庭学習は必要です。

 では、塾がある日とない日では、それぞれどのような学習をすればよいのでしょうか?

 その前に「理想の1週間の過ごし方」を小川先生に聞いてみました。

 「受験勉強をするに当たっての理想的な1週間とは、1週間を終えたときに、その前の週よりも知識が増え、理解が増している状態になっていることです。そのためには、まずはしっかり睡眠を取ること。そして、頭がちゃんと働く生活リズムにしておくことです」

 「勉強は、頭がちゃんと働き、それに加えて“心”が乗っていないと効果が出ません。心が乗っているというのは、楽しくてやる気がある状態のことです」

1週間の“学びのサイクル”を意識する

 「受験勉強には“学びのサイクル”というものがあります。まず、1週間の目標を立てて授業に臨み、それを家で振り返って、演習で理解を深め、テストで結果を出す、というサイクルです」

 「中学受験の勉強は約3年と期間が長く、塾へ通う生活が日常化すると、通っているだけで満足してしまいがちです。けれどもそれでは知識は定着しません。塾の授業を受ける前には『今日はこの解き方をしっかり聞いてこよう』と目標を立て、気持ちを高めること。そのためにカリキュラムを毎週点検し、『今日の授業では何を習うのか』を頭に入れておく必要があります」

 「しっかり予習をするのは大変ですし、必要ありません。今日習う単元のページをパラパラとめくるだけでいいのです。それを一度見ているのと見ていないのとでは、授業の理解度も違ってきます」

 では、塾に行った日の振り返りはどのように行えばよいのでしょうか?


小川大介先生

※ この連載が書籍になりました!

 2015年11月初旬に発売した書籍『中学受験 基本のキ!』(日経BP社)は、おかげさまでAmazon「教育学・一般」で1位を獲得しました。本書では「中学受験に興味はあるけれど、まだ何も分からない」という小学1年生から、受験直前の6年生までのお子さんと親御さん向けの情報が満載です。ぜひ参考になさってください。

「受験初心者から本番直前の6年生まで」 DUALの本
『中学受験 基本のキ!』 発売!
著者/西村則康・小川大介
価格/1620円(税込み)

【第1章】 わが子に中学受験をさせるか否か?
【第2章】 中学受験のパートナー 塾との付き合い方
【第3章】 受験生 普段の勉強と、長期休みの戦略的な活用方法
【第4章】 男女御三家と早慶付属校の最新問題傾向
【第5章】 2015年度 中学受験ニュース
【巻末付録】 必見!プロがすすめる併願パターン

●日経BP書店で購入する

●Amazonで購入する

次ページ 塾がある日は、その日の夜に必ず「振り...

連載バックナンバー

共働き中学受験 基本のキ

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード