スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

3年前から問合せ殺到!伸芽会の学童のヒミツ[PR]

子育て・教育

3年前から問合せ殺到!伸芽会の学童のヒミツ[PR]

勉強もしつけも習い事もお任せ、「教えない教育」で子どもが伸びる

 年々、共働き家庭が増えてニーズが高まったことで、どんどん増えてきている民営学童(「先手の民間学童選びで小1の壁も怖くない!」を参照)。子どもの居場所が増えるのは嬉しい反面、親として気になるのはやはり中身のクオリティの部分だ。

 保育園でも同様のことが起きているところもあるが、狭い場所に多くの子どもを詰め込んだり、特に何も教えずに放っている場合も出てくる。学校同様、子どもが放課後の長い時間を過ごす場所だからこそ、その内容はしっかり吟味したい。

注目!お受験の名門塾が提供する学童サービス

 そんな中、いま注目を浴びているのが、早期英才教育で定評のある伸芽会が提供する「伸芽’sクラブ学童」だ。1956年の創立以来、幼稚園受験や小学校受験など幼児の英才教育を行ってきたが、2011年から伸芽’sクラブ学童をスタートした。

 「長く幼児教育に携わってきましたが、働く女性の社会進出が進み、保護者から『小学校入学後も安心した環境に預けたい』という声を多くいただくようになりました。キャリアもあきらめず、子育ても完璧に、というのはわがままではないですよね。そんなお母さんを応援し、しつけを含むお子様の教育と安心した居場所を提供したいという思いから、学童クラブを始めました」と話すのは、伸芽’sクラブ学童の設立に携わってきた伸芽会の利倉常高さん(託児局 課長)。これまでの伸芽会の教育ノウハウを最大限活かせる小学生の学童クラブを用意してきた。

 「塾は1週間に1、2回しか子どもを預かれません。これに対して、学童は長時間、子どもを預かることができます。本来、勉強やしつけは、家庭で行うのがベースになりますが、働くお母さんにとってはなかなかその時間は取れません。学童なら、子どもを長時間預かって、お母さんの替わりに勉強やしつけを見ることができます」(利倉さん)。

 伸芽会が提供する学童は、これまでの「学童」という概念を覆すのだろう。とりあえず放課後を過ごす、のではなく、放課後の時間も子ども達が学び、刺激を受け、成長できる時間としての場所とプログラムを提供しているのだ。

 そこは、経験豊富な先生達が楽しく学びを一緒に作り出してくれるアフター・スクール、放課後の“知の泉”のような場所。子どもたちが知識、体験、経験など学ぶことを全身で楽しんでいる場所だ。そんな伸芽’sクラブ学童を覗いてみよう。

次ページ 子どもが伸びる「環境」を用意

連載バックナンバー

人気学童の秘密を探る

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード