スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

広末涼子 がんと向き合う母親を演じ家族の絆伝える

『はなちゃんのみそ汁』阿久根知昭監督インタビュー

子育て中のDUAL読者に見てもらいたい映画を紹介する連載コラム「今週の発散映画&DVD」。今回取り上げるのは若くしてがんにかかってしまった母親と家族の姿を描いた映画です。

 がんを患った母親が家族との日々をつづったブログを基にしたエッセー『はなちゃんのみそ汁』。33歳で、がんでこの世を去った安武千恵さんと、5歳の娘はなちゃん、夫の信吾さんによるこのエッセイは、2012年に発売され、安武一家の明るくひたむきな姿が日本中で大きな話題を呼び、関連書籍やテレビドラマ化、教科書にも採用されるなど、社会現象を巻き起こしました。

 今回紹介するのは、その『はなちゃんのみそ汁』の映画化作品です。日々、仕事に追われつつ、2人の子どもを育てている私は、年に一度の健康診断を受けているとはいえ、自分自身の健康管理がきちんとできているとは言い難く、それは夫も同じ。正直、こういった作品は身につまされる思いで、見るのがつらいと感じてしまいがちです。本作は、内容と悲しい結末を知っているので、余計にその思いが強かったのですが、『ペコロスの母に会いに行く』で脚本を担当した阿久根知昭さんが監督したこの映画は、見ている間、たくさん笑顔になれる作品でした!

『はなちゃんのみそ汁』

2015年12月19日(土)よりテアトル新宿&福岡先行公開、2016年1月9日(土)全国拡大公開

出演:広末涼子、滝藤賢一、一青窈、紺野まひる、原田貴和子、春風ひとみ、遼河はるひ、赤松えみな(子役)、平泉 成、木村理恵、北見敏之、高畑淳子、鶴見辰吾/赤井英和/古谷一行
監督・脚本:阿久根知昭(『ペコロスの母に会いにいく』脚本)
原作:安武信吾・千恵・はな『はなちゃんのみそ汁』(文藝春秋刊)
主題歌:一青窈『満点星』(ユニバーサル ミュージック/EMI Records)

©2015「はなちゃんのみそ汁」フィルムパートナーズ
配給:東京テアトル
公式サイト:http://hanamiso.com/

 映画を紹介するに当たって、阿久根監督にインタビューしてきました。お話がとても盛り上がり、30分の予定が1時間に! すてきなお話をたくさん聞くことができました。監督インタビューは、ストーリーを紹介した後にお届けします。

 恋人同士の千恵(広末涼子)と信吾(滝藤賢一)。幸せな日々を過ごしていた2人でしたが、ある日、千恵に乳がんが見つかります。千恵が不安を抱える中、信吾は彼女に優しく寄り添い、プロポーズをします。晴れて夫婦となった2人。


幸せなカップルだった信吾と千恵


千恵の父(平泉 成)に結婚の覚悟を告げる信吾

 抗がん剤治療の影響で卵巣機能が低下し、出産を諦めていた千恵でしたが、あるとき、妊娠していることが分かります。もしも産めば、現在は安定しているがんが再発するリスクが高まり、自らの命が危険にさらされるという状況の千恵。悩んだ末、命を懸けて産むことを決意した彼女は、無事に女の子を出産します。

 はな(赤松えみな)と名付けられ、すくすくと育っていく娘。ところが、がんは千恵を放っておいてはくれません。千恵は4歳になったはなに、自分がいなくなっても元気に暮らしていけるようにと、鰹節を削って作るところから始めるみそ汁作りや、料理や家事の大切さを教え始めます……。


まだはなが小さいうちから、包丁を持って料理ができるように教える千恵


千恵は食の大切さをはなにしっかりと伝えていく

次ページ 当事者がつらくて見られない闘病ものに...

連載バックナンバー

今週の発散映画&DVDはこれで決まり!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「趣味」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード