スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

宮崎謙介議員×駒崎弘樹 男性育休は多様であるべし

子育て・教育

宮崎謙介議員×駒崎弘樹 男性育休は多様であるべし

(上)我らドラゴンボール世代! 会社だけでなく家庭内での「戦闘力」も高めたい

育休中もゼロではなく、“半育休”で部分的に仕事を続けます

駒崎 お子さんを欲しいというのは、前から思われていたんですか?

宮崎 子どもが大好きなので、ずっと欲しかったですね。選挙に出ることを決めたのが30歳で、そのときはパートナーもいなかったんですが。その後、せめて2回当選してからと思っている間に相手の年齢の問題も出てきて。車2台分くらいのお金をかけて不妊治療が成功したという話も聞いたりして、自分達が子どもに恵まれたことはありがたいことで、しっかり子育てに向き合っていこうと二人で話し合いました

駒崎 奥様も国会議員という道を歩まれていて、結婚するときは遠距離になるなどの戸惑いはあったんですか?

宮崎 それはありました。でもある一定期間付き合ってみて、平日、週末を問わず地元との往復ですが、「夜遅い時間でも何とか一緒に食事ができるね」「週末は離れ離れだけど、こういうリズムも一つのあり方だよね」という話になって。遠距離恋愛を継続している方々に比べれば、恵まれているほうですよね。

 子どもができたら大変ということも考えましたが、そこは子育てしながらでないと分からないこともあるから。なるべく一緒に家事・育児をしていくつもりで、場合によっては私が京都に連れて帰ることもできるよね、という話をしています。

駒崎 なるほど。育休を取ることになれば、どのようなリズムでされる予定ですか?

宮崎 シミュレーションをたくさんしてみています。立場も仕事もありますので、最低限出なければならない仕事、つまりど真ん中の本会議の採決などは、国会議員の責務として、妻や両親、友人、シッターさんの手を借りながら、していきたいと思っています。

 1、2カ月育休を取りたいと思っていましたが、現実問題としては厳しいと思っています。まとめて取るのか断続的に取るのか、状況に応じて、いろんな考え方があるのかなと。

駒崎 なるほど。僕自身の経験でいうと、一応余人をもって代えがたいとされている経営者という立場ですが、育休を2カ月取りました。ただ、全く仕事をしないのではなく、1日1.5~2時間、メールを読んだり電話会議したりということはOKにしたんです。そのくらいの時間があれば、本当に大事なことはできてしまうんです

 男性が育休を取るときに、仕事から完全シャットダウンだとつらいかなと思い、こういう「半育休」みたいなのもいいんじゃないかなと、当時の少子化対策大臣の森まさこさんに「ちょっと働けるみたいなのもありだと思いますよ」と言ったところ、「いいわね、それ」って。それがどれだけ貢献したか分かりませんが、その後制度化してくれたんですよ。2014年から、育休中でも月80時間までの就労なら育児休業給付金(※)がもらえ、働けるようになったんです。 (※育児休業給付金=雇用保険に加入していれば、育休を取得し1歳未満の子どもがいる場合に賃金の一部が支給される)

 イメージとしては、育休というと完全に消えるみたいな感じですが、そうではなくて一定期間育児がメインになるだけ。「採決の日だけ出るよ、でも育休中だからね」というのはありじゃないでしょうか

宮崎 多様な育休のあり方があっていいんだとなっていくといいです。

駒崎 宗教などではなく、ライフスタイルなんだから、幅があっていいですよね。10か0かではない話になっていくといいと思います。

宮崎謙介
1981年生まれ。2~7歳まで父の仕事の関係でフィリピンで過ごす。2003年早稲田大学卒業後、日本生命保険に入社。その後、インテリジェンスに転職。07年ネオトラディションを設立。10年京都大学大学院工学研究科非常勤講師に就任。12年12月に京都3区にて衆議院議員選挙初当選。自民党所属。14年に二期目の当選を果たす。188cmと長身で、アウトドアを愛する。妻は、同じく自民党の金子恵美衆議院議員。

(構成/岩辺みどり 写真/鈴木愛子)

駒崎弘樹

駒崎弘樹

1979年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、「地域の力によって病児保育問題を解決し、子育てと仕事を両立できる社会をつくりたい」と考え、2004年にNPO法人フローレンスを設立。日本初の「共済型・訪問型」の病児保育サービスを首都圏で開始、共働きやひとり親の子育て家庭をサポートする。2010年からは待機児童問題の解決のため、空き住戸を使った「おうち保育園」を展開。「おうち保育園」モデルは、2015年度より「小規模認可保育所」として、政府の子ども子育て新制度において制度化され、全国に広がった。2014年には、これまで保育園に入れなかった医療的ケアのある子ども達を中心とした障害児を専門的に預かる「障害児保育園ヘレン」を東京都杉並区に開園。2015年4月から、医療的ケアのある障害児の家においてマンツーマンで保育を行う「障害児訪問保育アニー」をスタート。政策提言や担い手の育成を行うため、2012年、一般財団法人 日本病児保育協会、NPO法人 全国小規模保育協議会を設立、理事長に就任。2015年、全国医療的ケア児者支援協議会を設立、事務局長に。
 公職としては、2010年より内閣府政策調査員、内閣府「新しい公共」専門調査会推進委員、内閣官房「社会保障改革に関する集中検討会議」委員などを歴任。 現在、厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進委員会座長、内閣府「子ども・子育て会議」委員を務める。
 著書に『「社会を変える」を仕事にする 社会起業家という生き方』(英治出版)、『働き方革命』(ちくま新書)、『社会を変えるお金の使い方』(英治出版)等。翻訳書に「あなたには夢がある」(英治出版)。一男一女の父であり、子どもの誕生時にはそれぞれ2カ月の育児休暇を取得。

連載バックナンバー

駒崎弘樹 社会を変えるダイアローグ

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード