スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

一生懸命に遊んで創るミュージカルワークショップ

子どもたちの発想を否定せずにプラスアルファの提言ができるのは正解がない演劇だからこそ

 ミュージカルのレッスンを通じて、様々な表現の仕方を学ぶワークショップがあります。日経DUALでも以前、ミュージカル・ワークショップを取材しましたが、前回が歌が中心だったのに対して、今回はダンスが中心のワークショップになるとのこと。さっそく前回のワークショップを体験したシアタージャーナリストの松島まり乃さんの5歳になるお嬢さんが参加しました。


きれいに決まった!「森チーム」のラストシーン

「まずは歩いてみますよ。では“やる気のない”感じで」

 歌とダンス、芝居が融合したミュージカルは、観てももちろん楽しいが、実は“やってみる”のもかなり楽しいし、様々な“学び”の場にもなる……ということが分かったのが、前回のミュージカル・ワークショップ親子体験取材(「ミュージカル・ワークショップに親子で参加してみた」)。今回は子ども(5歳・娘)のみに参加させ、様子を見守ってみた。

 ワークショップを行っているのは、作曲家・いずみたくが創設した劇団「イッツフォーリーズ」。ミュージカルをより身近に感じてもらう機会として、不定期でワークショップを行っている。今回は小学校低学年を中心に、幼稚園生から30代までの20名ほどが参加。前回は歌が中心だったが、今回はダンス中心の内容だ。

 まずは床に座って開脚し、柔軟体操。講師役の劇団員・藤森裕美さんの掛け声は「足を広げたまま、おひざと頭が仲良し〜」と優しく楽しげで、みんなしんどさを感じず、体を伸ばす。


はじめにみんなで柔軟体操。体の柔らかい子どもたちに大人たちはうらやましげ

 続いて「今日はみんなで遊びましょう」と藤森さん。「まずは歩いてみますよ、“やる気のない感じ”で」「次は“やる気満々”で!」。なんだなんだ?と思う間もなく、みんなでだらけた姿勢、しゃきっとした姿勢で交互に歩く。「やる気のない“猫”で」「やる気のある“納豆”で」とキャラクターが指定され、なおかつ目の合った人とハイタッチするという課題が加わる。どんどんハイレベルになってゆくも、集団の心強さからか、誰もが楽しげに変身してゆく。


「やる気のあるケンケン」をしながら「目の合った人とハイタッチ」。課題はどんどん複雑化するも、みな楽しそうにクリアしてゆく

 次に名を名乗り合い、「あなたには、負けませんよ〜」と言い合ってから行う「足じゃんけん」。初対面同士がお互い目を見合わせ、共同作業のムードがいつの間にかできていく。続く「ポーズ遊び」ではまず講師が赤ちゃん、おじいちゃんなどのポーズを見せて、それをみなが真似をし、次に焼きそば、洗濯機、電車などを自分たちでポーズ化してゆく。“ごっこ遊びはお手の物”とばかりに小さい子たちが我先に動き出すのを見て、「みんななんですぐできるの? もしかして天才?」と藤森さん。褒められていい気分になったところで休憩に入った。

次ページ 意見を言うのも、聞くのも大事

連載バックナンバー

親子でエンタテインメント!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード