スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

岸谷香 私が30年ぶりに同窓会に行けたワケ

「音楽では好きなようにやらせてもらっていますが、実は、学歴コンプレックスみたいなものがありました」

 東日本大震災のチャリティー活動による収益金で、3月11日に宮城・仙台市にライブハウス「チームスマイル・仙台PIT」をオープンしました。初日から3日間連続でライブをしたわけですが、まるで同窓会のような温かい盛り上がりでした! ご参加くださった皆さんにこの場をお借りして感謝致します。本当にありがとう!!

中学校を卒業して以来、同窓会に全く行っていなかった


岸谷香さん

 さてさて、同窓会といえば……。

 「姉さん、この人知ってる?」

 仕事を再開したてのころ、あるとき弟から尋ねられました。歯科医の弟は、所属している支部の集まりで「君のお姉ちゃんって、岸谷香じゃない?」と声を掛けられたそうです。その人は、私の同級生だと名乗ったそう。

 芸能のお仕事は、知らない間に知り合いや親戚が増えていることがあるので(笑)、「またきっと“知らない人”かな」なんて思っていたら、彼女はリアルに小学校の同級生でした。

 「知ってる知ってる! 懐かしい!!」

 それがきっかけで、その友達と30年ぶりに連絡を取り合うことに。そして、「同窓会があるから、行かない?」と、誘われました。

 実は私、中学校を卒業して以来、同窓会には全く行っていませんでした。

 私は大学の付属校に通っていたので、中学校まで友達とはずっと一緒。クラス替えもなかったし、同窓会は毎年開催されていたのは知っていました。でも、行こうと思わなかった。

 それは、私に学歴コンプレックスみたいなものがあったから。

 中学からバンドを始めた私は、音楽にのめり込み、ちっとも勉強しませんでした。案の定、高校受験に失敗。なんとか進学はしたけれど、プリプリの活動が始まったこともあって、大学には行けませんでした。

 それが、私の中ではずっとコンプレックスでした。

次ページ 卒業後30年目にして初めて行った同窓...

連載バックナンバー

岸谷香のどんなママだってみんな素敵

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「仕事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード