スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

マイナス金利導入で住宅は今が買い時?借り換え時?

「マイナス金利」って何ですか? 住宅ローン借り換えのタイミングとしてはアリ?

 日銀により導入された異例のマイナス金利。「日本初」ということもあって、新聞やネットなどのニュースをにぎわしています。でも、そもそも「金利がマイナスになる」って一体どういうこと? 住宅ローンの金利は下がるの? だとしたら今が買い時? 日経DUAL連載『世間まるごとHOW MUCH』でもおなじみ、数多くの共働き夫婦の住宅購入についてコンサルティングしてきたファイナンシャル・プランナーの中嶋よしふみさんに、「マイナス金利」の基本から、気になる住宅購入のタイミング、金利タイプの選択、ローンの借り換えについて聞いてみました。

質問① そもそも、「マイナス金利」って何ですか?

 1月29日、日本銀行がマイナス金利を導入しました。マイナス金利って何だ? と多くの人が不思議に思ったのではないでしょうか。お金を預ければ利息をもらえる、お金を借りれば利息を取られる、これが本来の金利です。しかし、マイナス金利の世界ではこれが逆転します。

 なぜこのような状態になったのでしょうか。理由としては、これまで日銀が行ってきた金融緩和策である金利を下げる、国債を買う、株(ETF)を買う、といった形での対策が限界を迎えたことにあります。これらの対策を行えば市中に出回るお金が増える、お金の量が増えればインフレで物価が上がりデフレが終わる、結果として景気が良くなる、というのがこれまでやろうとしてきたことでした。

 しかし、従来のやり方では効果が見込めなかったため、日銀は、銀行が日銀に預ける際の金利をマイナスにしてしまいました。「日銀にお金を預けて損をするくらいなら融資や投資にお金を回そう」という形に銀行を仕向けることがマイナス金利の目的です。「マイナス金利」というと非常に負のイメージを受けてしまいますが、目的としては景気を良くするためです。

 かなりざっくりとした説明になりますが、マイナス金利が良いか悪いか、うまくいくかは別にして、結論から言うと住宅ローンへの影響は「金利が下がる」、今のところはこれだけです(残念ながらお金を借りると利息がもらえる、という状況にはなっていません。念のため)。これを受けて、金融機関では問い合わせや借り換えが増えているとも報じられています。

 さて、ではマイナス金利が導入された現在、住宅は買い時か? 金利の選択は固定・変動どちらがいいか? 住宅ローン借り換えのタイミングとしてはアリか? という3点について説明したいと思います。

『住宅ローンのしあわせな借り方、返し方』
今なら電子書籍を割引中!

住宅ローンを借りるとき、返すときの悩みを解決する書籍『住宅ローンのしあわせな借り方、返し方』(中嶋よしふみ著)を1512円→907円と40%OFFで販売中!

こちらをご覧ください。

【期間限定割引】 「日経ストア」

 住宅購入の予算や頭金など、家をこれから買う人が心配する内容はもちろん、ローンの繰り上げ返済、子どもの教育費、時短勤務による収入減、家計簿の付け方、保険の見直しなど、家に関わるお金の問題に処方箋を示す内容です。

連載バックナンバー

世間まるごとHow much?

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「お金」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード