スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

水中の生態系も学べる! 体験・発見がある水族館

趣味 有料会員限定記事

水中の生態系も学べる! 体験・発見がある水族館

【GWおでサポ特集!専門家いち押し全国スポット16(4)】子どもが夢中で観察&生き物への思いやりを育める水族館4選

 ゴールデンウイークまで1カ月弱。忙しい共働き家庭の日経DUAL読者の代わりに、有料会員向けに配信している「DUALおでかけサポート」のスペシャル版ともいえる本特集。ゴールデンウイークにおすすめのおでかけスポットを、動物園、遊園地&テーマパーク、水族館、工場見学の4カテゴリー×各4エリアでご紹介します。各スポットを選んでくれたのは、それぞれの専門家達。おでかけ必勝法と合わせてチェックしてみてください。

 第4回は、全国の水族館の中から各地域ごとのおすすめをピックアップ。国内外235カ所以上の動物園や水族館を訪問し、『つまき♪式 親子で楽しむ水族館ガイド』『つまき♪式 親子で楽しむ動物園ガイド』などの著者であるアニマル・リンカーのつまき♪さんにお話を伺いました。

【GWおでサポ特集!専門家いち押し全国スポット16】
[1]専門家が伝授! スポット別「おでかけ必勝法」とは
[2]イマドキ動物園のエサやり、ふれあいはひと味違う
[3]遊園地・テーマパークはアトラクション+大自然!
[4]水中の生態系も学べる! 体験・発見がある水族館 ←今回はココ!
[5]休み中、大人も大興奮の工場見学はココだ!

徹底的に自然を再現した「環境水族館 アクアマリンふくしま」(福島県・いわき市)

陸上の環境にまで気を配った、海沿いに建つガラス張りの水族館

 アクアマリンふくしまは、全館ガラスで覆われた、外観から印象的な水族館。ここの特徴は、なんといっても展示の仕方。水中の環境だけでなく、陸上の自然環境まで忠実に再現しており、水槽の境目が分からないくらい草木が豊富。


とにかく草木が豊富! 地上の自然環境もおのずと知ることができる

「一目で環境学習ができるのに加え、全身で自然を体感できるのがポイント。例えば『ふくしまの川と沿岸』という展示スペースの屋根は透明なガラス、側面は空いており、外気や外光がそのまま取り込まれるため、福島の自然を肌で感じ取れるんです。雨の日でも気にせず楽しめますよ」(つまき♪さん)

 こうした展示にしているのは「水中だけでなく、陸上の環境も整えることで、この生き物はこんな場所に住んでいるんだ、この場所を作るためにはこんな環境が必要なんだ、という双方向から捉えられる」(アクアマリンふくしま 広報担当の金成さん)からだといいます。

 また、ガラスが足下まで届いているのも特徴。目線の低い子どもでも、水槽内を隅から隅まで観察できます。

「『サンゴ礁の海』では、ぜひ水槽前の床に座って、じっくりと水槽を眺めてください。上部から光が差し込む水槽は、見上げると、まるで海の中にいるかのような光景が広がります」(つまき♪さん)


「サンゴ礁の海」。自分も魚になったかのような気分だ

 思わずカメラを構えたくなる光景ですが、つまき♪さんによると、水族館で記念撮影を…という場合にはポイントがあります。

 「まず、水槽前以外で行うようにしましょう。水中生物は動きが速いので、フレーム内に姿がきれいに収まることはまずありませんし、館内は暗く、逆光になります。ゆっくり観察している人の邪魔にもなってしまいます。また、フラッシュは厳禁。魚が驚いてしまうのと、ガラスに反射してしまいます。それよりは、夢中になっている子どもの後ろ姿を遠目から撮るだけでも、十分思い出深い1枚になりますよ」(つまき♪さん)

 福島県沖は、黒潮と親潮の合流地点なので、それを表現した「潮目の海」という展示スペースも。回遊魚を展示する黒潮水槽と海藻が茂る親潮水槽を、トンネルを通りながら見比べられます。さらに、アクアマリンふくしまでは図書コーナーも用意しているので、「なぜだろう?」と思ったことがあったら、一緒に答えを探してみるといいでしょう。

 また、施設の外には小川や、干潟、磯があり、水に入って生き物を探して捕まえられます。こうした体験は、環境保全意識につながるのだとか。ゴールデンウイーク中は、貝を見つけると景品をもらえる「お宝ハンター」「ハマグリ探し」などのイベントも開かれます。

環境水族館 アクアマリンふくしまホームページ
http://www.marine.fks.ed.jp/index.htm

つまき♪さん推薦! 子どもが観察に夢中になる水族館【北海道・東北地方】

オホーツクとっかりセンター(北海道・紋別市)
https://mombetsu.jp/sisetu/other/goma/
 交通の便が悪い分、ゆったりと目の前でアザラシを堪能できる。そばにあるオホーツクタワーから見られる絶景と野鳥も必見。

おたる水族館(北海道・小樽市)
http://otaru-aq.jp
 アザラシの種類が豊富で、魚をあげることもできる。掲示板での解説が丁寧。

鶴岡市立加茂水族館(山形県・鶴岡市)
http://kamo-kurage.jp
 クラゲの飼育に力を入れており、「クラネタリウム」では最大50種以上ものクラゲを展示。バーカウンターに見立てた「クラゲバー」では、成長段階のクラゲを観察できる。またクラゲのタッチパネルクイズなどもある。

次ページからはつまき♪さんが推薦する、【北海道・東北地方】【中部・近畿地方】【中国・四国・九州地方】それぞれのエリアの、子どもが観察に夢中になる水族館をご紹介します!

次ページ グリーンイグアナ探しが難しくも楽しい...

有料会員登録すると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事

子育て、キャリア、夫婦の連携、家計管理など、共働き家庭のニーズに応える共感ノウハウ記事がぎっしり! 毎月の総力特集や連載がスマホで便利に読める共働きマガジンです。

おでかけサポートメール

平日は時間がないからこそ土日は親子で思い出に残るホンモノ体験を! 直前でも参加できるとっておきイベントが満載。メールとともに予約が相次ぐお宝情報を毎週お届けします。

共働き応援クーポン

生活用品から子育てサービスまで、共働き暮らしに役立つ商品が割引きされるクーポンを多数ご用意。記事に加えて「お得」もゲット! 嬉しい優待サービスをご案内します。

「教えて!両立の知恵」

妊娠から育休、職場復帰、小1の壁対策など専門家ノウハウを伝授。子の年齢やテーマで分類されたQ&Aが200以上読み放題、引き放題。賢い共働き家庭に欠かせない大辞典です。

ラクラク保育園検索

保育園の細かな施設情報や待機児童数など、キーワードや自治体から検索できる使いやすいデータベース。保育園探しを始める共働き夫婦に必須の「保活必勝ツール」です。

連載バックナンバー

GWおでサポ特集!専門家いち押し全国スポット16

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「趣味」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード