スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

中川李枝子 子ども虐待のニュースに思うこと

子育て・教育

中川李枝子 子ども虐待のニュースに思うこと

家庭以外で子どもにとってのよりどころになる場所をいかに提供していけるのか

 『ぐりとぐら』や『いやいやえん』など、数多くの童話で知られる中川李枝子さん。子ども虐待のニュースが日々繰り返されるなか、中川さんが思うことを伺いました。

Q.子ども虐待のニュースに心が痛みます。中川さんにはどう見えていますか?

 虐待を受ける子どものニュースが絶えません。自分が子育てをするようになり、被害者のことを思うとき、悲しみがより強くなりました。中川さんはどのように感じていらっしゃいますか?

A.私も怒りと、胸の潰れる思いでぼうぜんとします。

 子育て当事者であろうとなかろうと、すべての大人がこの問題に関心を持ってほしい。そして声をどんどん上げていく。行政がやってくれない! と嘆いていてもダメ。特に子育て中のお母さん、お父さんが働きかければ、きっと良い方向に行くと思います。

---------------------------------------------

――虐待のニュースが日々繰り返されています。  

 つらい問題です…。

 虐待事件のすべてではないけれど、未熟な若い親が起こす場合が多くて気になります。親になり切れない年齢で子どもを授かれば、虐待を起こすリスクも増すでしょう。

 命の大切さと共に、命の誕生についても、性教育が必要と思います。「性行為の先には赤ちゃんの誕生がある」ということをしっかり認識させるべきで、子育ては、望んで授かっても大変覚悟が要ります。肝心なのは望まない妊娠をしないことです。

 とはいえ、現実は「まだ親になれない人間に産ませなければよかったのに…」と嘆いているだけでは、済まされません。

中川李枝子さんの名言がちりばめられた本著をもっと読みたい方はこちらから
『ママ、もっと自信をもって』(中川李枝子著、定価1200円+税)

『ぐりとぐら』の誕生秘話が、ここにある。
~天才児童文学作家・中川李枝子の歩んだ道、
 日本中のママを感涙させた子育て奮闘記~

戦前戦後を経験し、母として、保育士として、作家として活躍した80年を振り返った貴重な一冊!

◆第一部 子どもと本が教えてくれた
 ~私の保育士時代、子ども時代

 ◎保育園の子どもたちに教えてもらったこと
 ◎みんな、本が教えてくれた
 ◎『いやいやえん』『ぐりとぐら』が生まれるまで など
◆第二部 ママ、もっと自信をもって
 ~悩めるママと中川李枝子さんの子育てQ&A

 Q. イヤイヤ期の3歳の長男についいら立ってしまいます
 Q. 保育園と幼稚園、どちらがいいのでしょうか?
 Q. わが子の成長をついほかの子どもと比べてしまいます
 Q. 子どもと一緒に読むおすすめの絵本を教えてください など

◆豪華付録:中川李枝子著作リスト 96作品をカラーで紹介

●日経BP書店で購入する ●Amazonで購入する

次ページ “家族”の意味をもっと広義に解釈して...

連載バックナンバー

ママ、もっと自信を持って!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード