スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

岸谷香 娘・息子と交わした手紙の数が絆になった

子育て・教育

岸谷香 娘・息子と交わした手紙の数が絆になった

親子だからこそ、お互いの思いを文字にして確かめたい。手紙って、そういうものだと思う

 熊本県、大分県を中心に起きている地震の被害を目の当たりにして、胸を痛めています。これ以上、被害が広がらないよう、心から祈るばかりです。

49回目の誕生日、私が一番うれしかったプレゼント

 先日、家に帰ったら、どんなお祝いよりもうれしいバースデープレゼントが待っていました。

 それは、娘からの手紙。

 「だんだんお母さんがやりたいことを、満足するまでできるようになってきてたらうれしいよ」
 「どんどん幸せになってね」

 母への愛があふれる娘の言葉に涙があふれました。

 「今日、かーさん誕生日か」なんて、面倒くさそうに、でも一応言ってくれた息子の言葉とともに、これは本当に、最高のプレゼントでした。仕事を再開して、あれこれやっていることもちゃんと見ててくれているんだなぁと。

 実のところ、誕生日に限らず、娘はいつもお手紙をくれるんです。彼女は手紙を贈ることが、モノを贈ることよりも大切なことだと思っているようで。だから、何かにつけて「書く」という習慣が彼女にはあるみたいなんですね。いつも便せんにメッセージを書いて、封筒に入れてくれます。彼女自身、お友達から誕生日カードやお手紙をもらうと大切にしまって、時々読み返しているみたいです。

 息子も、小さいころはお手紙をたくさん書いてくれました。子どもからの手紙というのは、親にとっては何よりの宝物。だからそのたびにとてもうれしかった。もらったお手紙は私もちゃんと大切にしまっています。子どもたちはそういう私の姿を見て、何か感じていたのかもしれません。

次ページ 子どもたちが小さいころは、コストコの...

連載バックナンバー

岸谷香のどんなママだってみんな素敵

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード