スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

中川李枝子 子どものけんかは人間関係のはじまり

子育て・教育

中川李枝子 子どものけんかは人間関係のはじまり

【中川李枝子 『ママ、もっと自信をもって』名言集(3)】けんかになると親は止めに入りますが、けんかはつきもの。仲直りも心得ているのよ

 新しいみどり保育園には、私も、夫と生まれたばかりの子どもと3人で、しばらく同居させてもらいました。移転してもみどり保育園の方針は変わらず、お金も時間も無駄づかいしない決まりです。通勤時間がゼロなのはとってもありがたかった。私たち親子3人も、天谷家のお世話になったのです。

「子だくさんの家のにぎやかな子ども部屋」が私の理想の保育園


名作絵本約100作品を生み出した児童文学作家・中川李枝子さん

 移転後は天谷園長と中川主任に、若い保育士を2名、お手伝いの女性を加え、園児も定員60名になりました。みどり保育園の面接を受ける前から、私が理想としていた保育園は、「子だくさんの家のにぎやかな子ども部屋」でした。まさにそのままの保育園が完成したのです。

 園舎は新しくなっても、みどり保育園は無認可のままでした。余計な規則や遊具は邪魔というのが天谷園長の考え。園庭の半分は砂場。登り棒と網を組み合わせた大型遊具だけを設置し、プールも作りました。水を抜いて中にスノコを敷けば、ままごとのお座敷です。

 ほかに子どもたちが走り回る遊び場が必要でした。運よくブリヂストン所有の300坪の空き地がすぐ近くにありました。天谷先生が本社の副社長に直接お会いして、使用許可をいただきました。それも無料で自由に使わせていただくお約束です。天谷先生の行動力は見上げたもの。子どもによかれと決まれば、即実行です。

 空き地があれば、おもちゃは必要ありません。子どもは広い所が大好き。

中川李枝子さんの名言がちりばめられた本著をもっと読みたい方はこちらから
『ママ、もっと自信をもって』(中川李枝子著、定価1200円+税)

『ぐりとぐら』の誕生秘話が、ここにある。
~天才児童文学作家・中川李枝子の歩んだ道、
 日本中のママを感涙させた子育て奮闘記~

戦前戦後を経験し、母として、保育士として、作家として活躍した80年を振り返った貴重な一冊!

◆第一部 子どもと本が教えてくれた
 ~私の保育士時代、子ども時代

 ◎保育園の子どもたちに教えてもらったこと
 ◎みんな、本が教えてくれた
 ◎『いやいやえん』『ぐりとぐら』が生まれるまで など
◆第二部 ママ、もっと自信をもって
 ~悩めるママと中川李枝子さんの子育てQ&A

 Q. イヤイヤ期の3歳の長男についいら立ってしまいます
 Q. 保育園と幼稚園、どちらがいいのでしょうか?
 Q. わが子の成長をついほかの子どもと比べてしまいます
 Q. 子どもと一緒に読むおすすめの絵本を教えてください など

◆豪華付録:中川李枝子著作リスト 96作品をカラーで紹介

●日経BP書店で購入する ●Amazonで購入する

次ページ 特に面白いのは自信たっぷりの2歳、3...

連載バックナンバー

ママ、もっと自信を持って!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード