スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

中川李枝子 「にくまれっ子」ぐらいがちょうどいい

子育て・教育

中川李枝子 「にくまれっ子」ぐらいがちょうどいい

【中川李枝子 『ママ、もっと自信をもって』名言集(4)】子どもってみんな正直で、自分丸出し。どの子もいい子になろうと一生懸命努力しています。

 お友だち同士は、「対等」で付き合える貴重な関係です。きょうだいには、年上年下の関係があります。友だちは力加減、手加減しなくてもいい相手。真正面から本気と本音で付き合えます。

子どもってみんな正直で、自分丸出し


名作絵本約100作品を生み出した児童文学作家・中川李枝子さん

 みどり保育園の子どもたちは、みんな正直で、自分丸出し。いい子のふりなんかしません。ケチん坊はケチ。なんでもかんでも大切にため込んで、紙くずですらお友だちにあげられません。でも、そんな子がたまに、お友だちに何かをプレゼントすると「あの欲張りな○○くんがくれた!」と一気に株を上げます。いつもおっとりしている子が誰よりも素早くできた日には、「すごい!」と称賛されます。

 何でも苦労なくできるほうが、損な役回りです。尊敬される存在ではあるけれど、できて当たり前。たまにヘマすると、「どうして」と不思議がられる。

 無口で、目立たないのに、性格がよくて、子どもたちの中心にいる子もいます。人徳があるのでしょう。大人になっても、おだやかでしっかりした性格はそのままです。

『あくたれラルフ』(ジャック・ガントス/童話館出版)という絵本があります。主人公はとことんあくたれっ子の猫。でも家族には愛されている。ラルフに比べたら、わが子はまし。

中川李枝子さんの名言がちりばめられた本著をもっと読みたい方はこちらから
『ママ、もっと自信をもって』(中川李枝子著、定価1200円+税)

『ぐりとぐら』の誕生秘話が、ここにある。
~天才児童文学作家・中川李枝子の歩んだ道、
 日本中のママを感涙させた子育て奮闘記~

戦前戦後を経験し、母として、保育士として、作家として活躍した80年を振り返った貴重な一冊!

◆第一部 子どもと本が教えてくれた
 ~私の保育士時代、子ども時代

 ◎保育園の子どもたちに教えてもらったこと
 ◎みんな、本が教えてくれた
 ◎『いやいやえん』『ぐりとぐら』が生まれるまで など
◆第二部 ママ、もっと自信をもって
 ~悩めるママと中川李枝子さんの子育てQ&A

 Q. イヤイヤ期の3歳の長男についいら立ってしまいます
 Q. 保育園と幼稚園、どちらがいいのでしょうか?
 Q. わが子の成長をついほかの子どもと比べてしまいます
 Q. 子どもと一緒に読むおすすめの絵本を教えてください など

◆豪華付録:中川李枝子著作リスト 96作品をカラーで紹介

●日経BP書店で購入する ●Amazonで購入する

連載バックナンバー

ママ、もっと自信を持って!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード