スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

東横イン黒田麻衣子さん 専業主婦から社長に

「会社のピンチを救いたい」と、創業者の父の危機をきっかけに仕事復帰。「日本一女性が働きたい職場を目指す」

 起業するまでの経緯や仕事と家庭の両立についてなど、多くの壁を乗り越えてきたママ起業家や社長にインタビューする「私が壁を乗り越えたとき」。第4回は、全国に248ホテル、海外に8ホテル展開するビジネスホテル「東横INN」を運営する東横イン代表執行役社長、黒田麻衣子さんを紹介します。

 黒田さんは専業主婦として2人の娘さんを育てていましたが、父親の会社のピンチを救うために副社長に就任。その後、社長になります。ホテル「東横INN」の支配人はほとんどが女性。ひとりひとりがプライベートと両立させながらキャリアを築いていけるように、黒田さんが先頭に立ち、「日本一女性が働きたい職場へ」とまい進しています。

強烈な性格の父親。その反動で教師を目指した学生時代

 子どものころは、真面目で先生から指名されて委員をやらされるタイプだったという黒田さん。

 「小学生のころからずっと先生を目指していて。父は強い個性を持つ人だったので、自分は穏やかに生きたいと思っていました

 黒田さんの父親は、東横イン創業者の西田憲正さん。蒲田に第一号店がオープンしたのは、黒田さんが10歳のときでした。

 「父はいつも仕事のことを考えていました。家にいても母をつかまえては仕事の話、会社に電話してはあれこれ指示していました。私たち姉妹が話題になっているのは聞いたことがないくらい。ファミレスで大きな声で数億円の話をする父を少し恥ずかしいと思ったこともありました」

 そんな父親からホテル経営を「継がせたい」と言われたことは一度もありませんでした。

 「学生時代は世界史の先生を目指し、大学院で史学を専攻。母校の高校で非常勤講師をしていました。でも、実際にやってみると先生に向いてないなと(笑)。そこで初めて就職を考えたのですが、いまさら就職先がなくて。そこで、父の会社に就職することにしました」

黒田麻衣子 東横イン代表執行役社長

 立教大学大学院で19世紀のドイツ史を専攻。2002年東横インに入社。出産・育児のため退社後、2008年に副社長として復帰し、2012年に社長就任。東横イン創業者・西田憲正の長女。中学校1年生と小学校5年生の2児の母でもある。著書に『日本一女性が働きたい職場を目指して』(たのやく出版)

子どもを産むまでと決め、“こしかけ”のつもりで入社

 2002年4月に東横インに入社。新規ホテルの立ち上げを担当する営業企画部に配属されました。

 「名刺の受け取り方をはじめ、上司にイチから教えてもらいました。会社で父と会うことはなく、社長の娘だからといって特別扱いされてはいなかったと思います」

 その間結婚し、数店舗のオープンを経験した後、第一子の出産・育児のため2004年に退社。当時は「東横インは父の会社」と思っていたので、辞めることに未練はなかったそう。

 「入社した時点で婚約が決まっていたので、子どもを産むまでの“こしかけ”のつもりでした。でもいつのころからか、自分もどこかで起業したい、専業主婦で何もしないというのは私にはないな、と思うようになりました」

次ページ 出頭する父を見て、強烈な使命感に突き...

無料会員登録すると続きをご覧いただけます。

日経DUALの最新記事やイベント開催情報などをお知らせするメールマガジン「日経DUALメール」をご購読いただけます。

連載バックナンバー

ママ社長・起業家 「私が壁を乗り越えたとき」

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「仕事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード