スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

二度と正社員になれないかも…それでも退職へ

39歳で初産 私のキャリア、どうなっちゃうの?(4)アラフォーママは、子どもが成人したら定年になってしまう

 メディアで20年のキャリアを積んできたなかのかおりさんは、最近、退職を決断しました。39歳で初めての出産。育休を取って復帰したときに会社から用意されたのは、アウェイの部署での仕事でした。業務に慣れる間もなく次々と襲ってくる子どもの病気、上司や同僚からの理解のない発言や態度。なかのさんは、心身を病みながらも現状を打破しようともがき続けますが、悪循環のスパイラルにはまっていきます。マミートラックにはまってしまった一人のママのストーリーを、4回でお届けします。

第1回 出産したら四面楚歌 私のキャリアどうなっちゃうの?
第2回 子どもの病気がこんなに多いなんて、知らなかった
第3回  入社15年、がむしゃらに働いてきた。それなのに…
第4回 二度と正社員になれないかも…それでも退職へ ←今回はココ

「貝になるの。黙って定年まで働いて、お給料をもらうのよ」

 昔、お世話になった人達に連絡を取り、転職の相談をしています。第2の仕事人生を始めるなら、体力・気力が残っている40代のうちに。今から積み重ねて、老後も仕事をしたいと思いまして。ある社長さんは「独立するのはいい」と言って、仕事にかかわる知人を紹介してくれました。

 会社勤めをしながら本を出している作家さんは「自分が定年になっても生活費は必要。収入になる仕事をしないといけない」「会社で自由がなくて、息苦しいのは分かる。でも、どの会社も厳しいし、仕事をもらうのは難しいのでは」と言っていました。

 早期退職した、かつての上司(女性)にも会いました。子どもたちも成長し、在職中にはできなかった趣味を楽しみ、週に1回は仕事をして新しい目標もあるそうです。後日、「会社でもっと仕事したかった、という思いがいまだにある。よく考えてね」とメッセージがありました。

 ネットメディアでも仕事をしたいと思い、ニュースサイトを見比べたところ、DUALに魅力を感じました。何人かの知人に「DUALの編集者を紹介して」とお願いし、やっとつながって会うことができました。スタッフは、子育ても仕事も大事にしている。私もこんな上司がいたらよかったなあ…。

 新しい仕事をするとき、待遇や先々のことも気になりますが、大事なのは「人」。信頼できるスタッフだったので、同じ経験をしているママたちに向け、この記事を書くことにしました。20年の経験を出し尽くし、個人的なことも具体的に。

 将来について、色々な意見を聞きながら迷っていたところ、社内公募で採用されていた企画を消される事件が。退職への思いが高まりました。子育て中は、活躍したらダメですか?

次ページ 子育てとフルタイム勤務を両立すること...

連載バックナンバー

39歳で初産 私のキャリア、どうなっちゃうの?

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「仕事」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード