スマホ版サイトを見る

働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト

日経DUAL

子ども達に一番身に付けてほしいのは、死なない力だ

子育て・教育

子ども達に一番身に付けてほしいのは、死なない力だ

元・民間人校長・山口照美【新連載】/親達は祈る。「どうかこの子が私より先に死にませんように」、と

(* このページはお子さんに読んであげてください。漢字やひらがなを読めるお子さんには、直接読ませてあげてください。From 山口照美)

 みんなが車の前に飛び出しそうになったり、危ない遊びをしたりしているときに、強く怒られたことはありませんか? 私には、4歳の子どもがいます。その子がお店から出る時ときに、ふざけてパッと勢いよく店を飛び出しました。お金を払うため、手を離した一瞬のタイミングです。あわててつかまえ、その場で本気で叱りました。もし、お店の前が車のびゅんびゅん走る道路だったら。歩道でも、自転車がスピードを出して走っていたら。ちょっとぶつかっただけでも、頭を打つと命に関わります。

 君達からしたら「なんで大人はそんなに怒るんやろう、大丈夫やったしええやん」と思うかもしれません。でも、大人達は命が二度と帰って来ないことを知っています。大事な人を亡くした経験がある人もいます。「ああ、あのとき注意してやればよかった」「もっと一緒にいたかった」……そう思っても、命が無くなったら二度と会えない。だから、大人達は必死で怒ります。君達を、絶対に死なせたくないと願っているからです。君達とずっと一緒に過ごしたいと思っているからです。でも、大人がどれだけ安全のための努力をしても、みんなが「死なないように行動しよう」としなければ意味がありません。1人で道路を渡ろうとするとき、車が来ていないか確認するのは誰ですか? ――自分しかいませんね。ふざけて教室で追いかけっこをしている人に、どんな声をかけますか?

 「注意一秒、けが一生」という言葉もあります。危険を感じるアンテナを立てて、「死なない力」をつけてください。

● 一言コラム 【最近の山口家】

夫も4月から職場が変わり土曜出勤になったため、私が1人で子どもを見る場面が増えました。4歳息子は“子鉄”(子どもの鉄道オタク)。阪急梅田駅が大のお気に入りで、しょっちゅう連れて行かれます。手塚治虫ラッピング電車に遭遇し、興奮している場面。描かれた鉄腕アトムに対し「なんでパンツと靴しかはいてないの?」と心配していました。

山口照美(Terumi Yamaguchi)

山口照美(Terumi Yamaguchi)

同志社大学卒業後、大手進学塾の国語教師・塾長を経験した後、広報代行の事業などで起業。自営業と並行して、教育ジャーナリストやセミナー講師として11年間活動した。大阪市の任期付校長の公募に合格し、2013年4月から2016年3月まで大阪市立敷津小学校校長を3年務めた。教育行政の職務を経て、2017年4月より大阪市生野区長に着任。著書に『企画のネタ帳』(阪急コミュニケーションズ)、『売れる! 「コピー力」養成講座』(筑摩書房)など。娘(小5)と息子(6歳)の母でもある

連載バックナンバー

山口照美 20年後の未来を生きる力を育てよう!

CLOSE UP PR

DUAL Selection-PR-

「子育て・教育」ランキング

ピックアップ

-PR-

注目キーワード